ac-top-ban.jpg

2012年02月29日

都心部でも積もりましたよ!

4年に一度のうるう年、今年はなんだか凄い天気になっちゃいましたね…

P1090559.jpg


写真は、中野区の我が家マンションから撮影した写真なんですけど、降雪のピークを過ぎた時点でもこんな感じで、一時は全ての景色が真っ白に見える程でした。
雪の日は釣れる!なんて説も聞いた事ありますが、こんな日に釣りしてた気合の入った釣り人はいたのかな…?

なにはともあれ、4年に一度の日にこんな珍しい天気、そして、サッカー男女のレンチャン中継!
試合結果はともかく…なんだか忘れられない日になりましたね!
posted by ITO-CHAN at 23:48| Comment(0) | 日記

2012年02月28日

釣り人向けの一冊!

そう言えば、この頃は全く本を読んでいない。
本を読める様なゆったりとした時間が無い…というのもありますが、通勤などといった不可抗力で出来てしまう無駄な時間が無くなった…というのがホントのところかもしれません。
電車通勤していた頃は、山岡荘八さんの「徳川家康」だとか、開口健さんの「オーパ」とか「フィッシュ・オン」とか、何故か「家紋の本」とか「雑学の本」とか「心理学の本」とか…まあ、色んな本を読んでいました。

本を読まなくなった原因を「電車通勤してない」事と前に書いた矢先ではありますが、確かに読まないのはそういった時間が無いからなんですが、なによりも「本を購入する機会が無くなってしまった」という事が、一番の原因かもしれません。
要するに、本屋に行かなくなってしまった…という事。

以前は、通勤の時間に今度は何を読もうか…と、本屋の中を徘徊し色んなジャンルの本を手に取ってはチラ見して、特に興味の湧いた書物を買っていた様に思います。
そう考えると、立ち読みする事って何気に重要な事なんですよね。

実はつい先日、少し時間が空いた事もあって、久しぶりに本を読もうかと過去に読んだ本を開いてみたのですが、どういう訳だかなかなか集中して読めない…
書かれている文字に変に反応してしまい仕事や用務を思い出したり、過去にやろうと思っていた事を急に思い出したり…、全然先に進む事が出来ないまま結局読むのを止めてしまいました。
自分で思うに、多分、心に「ゆとり」が無いんでしょう。
ちょっとした「気分転換」のつもりだったのですが、結果的には余計追い詰められた気分になっちゃいました…
不思議ですね、ホント。

これが、自営業であるが故の事態なのか…、いや、"儲かっていない自営業"だからなのか…
自分でもハッキリした答えは出ませんけど、いずれにせよ、本くらいゆっくり読める「心の余裕」は欲しいですね!

と言う事で、何故か愚痴っぽい話しになってしまいましたが、やっぱり何か読みたいなと言う事で、Amazonにて色々と物色してみました。
キーワードは…妥当なところで「魚」
で、見付けたのがコレ。

41pH0ZSWJVL._SS500_.jpg


なんだかちょっと興味湧きますよね!
もちろん、これが「魚」でなく「犬」とか「猫」だったら話しは別ですが…
まだ読んでもいないし購入もしてませんが、釣り人には読み易い本かもしれませんね!
posted by ITO-CHAN at 22:09| Comment(0) | 日記

2012年02月27日

アラバマリグのダミー用に!

久しぶりに CREME LURE のHPを見ていたところ、面白いものを発見!

Product_154P.jpg


Change Up というスイムベイト用のフック…というかリグで、2009年頃からあった品物の様なんですけど、これを見た瞬間「アラバマリグに!」って思っちゃいました。
何故ならば、フックの取り外しが可能だから。
アラバマリグのフックを搭載しない「ダミー用」には最適な気がします!
だって、ジグヘッドを活用した際の様に、フックを折ってせっかくの道具を壊してしまう様な必要も無いですからね。
これならば、無駄なく通常の使い方も可能ですからね!

ラインナップとして、1/16oz・1/8oz・1/4ozとノーウエイトがある様で、HP上の価格は2つ入り1パックで$5.00でした。
品物の完成度からみると、ちょっとお高めな設定な気もしますが…
Bass Pro Shopsなどの大手量販店なら、もう少し安く手に入るかもしれませんね。

それはそうと、メーカーHP上にこの Change Up を説明する動画がありまして…
それが、これ。



動画制作のプロから言わせて頂けば、気になるところが全然映っておらず、なんとも「お粗末な動画…」なんですけどね…
わざわざここにご紹介させて頂いたのは、撮影用のスイムベイトに他社製品である Strike King 社の「Shadalicious(シャデリシャス)」を使っていて、話しの途中で何度もこの名前を連呼したりして…
CREME LURE 社製品にこの手のスイムベイトが存在してないので、ある意味こんな方法しか無いのかもしれませんけど…
なんだかとても大らかというか、競争の激しいアメリカらしくないというか…
でも、もしかすると逆に、売れている「Shadalicious」の名前を利用して「便乗!」なんて考えなのかもしれませんね!

まあどちらにせよ、なかなかバランスの良い動きだった様にも思うので、アラバマのダミーって事じゃなく、本来のスイムベイトのフックとして一度使ってみたいですね!
posted by ITO-CHAN at 23:29| Comment(0) | ルアー・釣具

2012年02月26日

直リグ道場は…

気になっていた富士見池での「野村悠の直リグ道場」!

o0640048011817509307.jpg


初めての会合、しかもこの寒い時期の開催…
でしたが、熱い志しのアングラーが集まってくれたみたいですね!

直リグのハウトゥーをメインに掲げた集会ですが、こうして釣り人が集まって顔を合わせ、色んな話しをして交流を深める…
こういうの、とっても大切な事だと思います!

今回は残念ながら助っ人参加出来ませんでしたが、次回以降、都合さえつけば「盛り上げ係」として参加させて頂きたいと思います!
もちろん、出来得る範囲で「協賛」もさせて頂きますよ!

是非、今後も続けて行って欲しいですね!
posted by ITO-CHAN at 23:37| Comment(0) | 日記

2012年02月25日

一般的には「海」のイメージ?

今日は久しぶりに、中学高校時代の友人達に会ってきました。
久しぶりと言っても2年程前には会っているので、先日の小学校時代の連中の時の様な懐かしさとか驚きみたいなものはありませんでしたけど…
実質、ほんの2時間程の会合だったのですが、仕事の事や互いの近況といった事が色々と聞けて、こちら的にはなかなか濃い時間が過ごせたんじゃないかと思っています。

話しの中でちょっと驚いたのは、連中が「釣り=海」というイメージを持っていると言う事。
海に囲まれた島国だから仕方ないのかもしれないけど、もしかすると彼等の方がむしろ世間的で、「釣り」と聞いて「川や湖」を想像する人の方が少ないのかもしれませんね。
これがアメリカなら…まず「淡水」になるんでしょうけど…
なんかそんなちょっとした刺激を受けて帰ってきました。

でもやっぱり、友達って大切ですね!
こういう仕事をしていると、なかなか古い友人達と会う機会も無いのですが、今後は出来うる限り機会を設け、こうした昔の仲間達に積極的にコンタクトしたいもんです。

仕事で燃え尽きた後、自宅で映画見たり音楽聞いたり、つつましくリフレッシュしてましたけど、仲間と会って話すのが一番のリフレッシュかもしれませんね!
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(0) | 日記

2012年02月22日

燃え尽きた〜!

今朝、DVDの原盤がプレス工場へと旅立ちました。
なんだか、大事に育ててきた娘を嫁に出す様な、ちょっぴり寂しい気分です。
あ…、うちには娘なんて居ないんですけどね!

いわゆる俗に言う「燃え尽き症候群」とでも言うのでしょうか、今日はなんだかやる気がイマイチ起こらず、グタグタとした時間を過ごしてしまいました。
映画を見て、少し仕事して、パソコンパーツなどのサイト見て、少し仕事して、昼ご飯食べて、少し仕事して、サッカー見て…、こんな感じ。
今週中に仕上げなければならない別の仕事もあるんですけどね…

ふとキーボードとマウスを見た時に、彼等もなんだか疲れている様な印象を受けちゃいました…

IMGP0067.jpg


この2ヶ月程の間、殆どの時間を一緒に過ごしてきた訳ですからね…
それ以上に働いているのはパソコン本体かもしれません。
こちらが仮眠している間も、休まずに働き続けてくれましたからね!

DVD「直リグマスター免許皆伝」も完全に手を離れ、もうこれ以上の面倒をみることは出来なくなってしまいましたけど、作り手側的にも完成度の高い自信のある作品に仕上がっていると思いますので、ここから先は皆さんの手で育てて頂きたい…そう願います。

よくある釣りのDVDの様に、名のあるアングラーが上から目線で「あーせい!こーせい!言われた通りにやったら釣れるよ!」…なんて感じは一切無く、永きに渡りジカリグを使い続けてきた杉戸船長が、ジカリグの特徴とか利便性などといった「根本的な部分」をメインに、皆さんと同じ目線で話しをしてくれているところがこのDVDの一番の特徴かもしれません。
要するに、ジカリグの具体的な部分を知ってもらい、その上で「皆さんの釣り場に置き換えて考えてもらいたい」、そんな願いも込められています。
DVDのエンディングでは、そんな杉戸船長のメッセージが込められていたりするので、是非最後の1フレームまで見て頂きたいですね!

仕事…というより、どちらかと言えば「同じ想いの仲間達が作り上げた作品」という感じかもしれません。
だから、時間を忘れて作業してしまうんでしょうね、きっと。
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(0) | 日記

2012年02月21日

直リグマスター免許皆伝!

今日の昼過ぎに、今まで取り組んできたDVD「直リグマスター免許皆伝」の全編集作業を終えました!
なんだかんだと、やっぱりBGMにかなりの時間が割かれましたね…
それもそのはず、80分あう尺の中でBGMの付いていない箇所はほんの僅か…
殆どの部分に音楽やSEを付けちゃったという訳で、時間が掛かってしまうのも無理は無いかも。
うる覚えですが、使用曲数は多分40曲くらいかと…
その内の半分は著作権フリーを購入しましたけど、金銭的な都合もあって残りは自作したんでね…
でもね、こういった類いのDVDって、やっぱり目と耳の両方で楽しみたいもんですからね!

DVDのジャケットはこんな感じになるみたい!

o0390029211785268855.jpg


杉戸船長のブログにあったものを拝借させてもらいました!
こんなパッケージを纏って、製品として出来上がるのがほんとに楽しみです!

以前にも書きましたけど、ジカリグのハウツーDVDは「釣り業界史上初」ですんで、末永く皆さんに見て頂ける様にと、構造や利便性はもちろん水中撮影を駆使した実験など、たくさんの映像が盛り込まれています!
かなり分かり易いDVDになっていると思いますので、是非、皆さんにも見て頂きたいですね!
発売は、3月の中旬頃になるんじゃないかと思います。
ちゃんと決まりましたら改めてご連絡させて頂きます!

しかし…
Mpeg2への書出しに、まだあと9時間…
明日の午前中一杯はパソコン使えなさそう…
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(0) | 日記

2012年02月19日

我が家に新色のアラバマリグが!

DVDの編集作業もいよいよ佳境。
本編の映像はもちろんテロップなどの細かな差し込みも終わり、残すところはBGMだけ。
と言う事で苦難のBGM制作はさておき、本編動画だけでも確認してもらおうと試し刷りをしてみたところ、一部の画質がかなり粗い…
どうやらハードディスクタイプのカメラで収録した素材に、なにやら問題がある様子。
ファイナルカット上では全く問題なく見れていたのですがね…
なにはともあれ、早めに気が付いて良かった!
そんな事もあって、スケジュール的には少し遅れ気味だけど、今週中にはDVDをプレスに出せる雰囲気です!
ここ最近のハウトゥーもののDVDと比べたら、かなり出来映えは良い方なんじゃないかと…
個人的にはそう考えてます!

で、気になるタイトルの「アラバマリグ」ですが…
とうとう我が家にもアラバマリグがやって来ました!

IMGP0066.jpg


先週末辺りだったかな、このBAMA DREAMをプロデュースしている桐山選手がわざわざ送ってくれました!
それも新色の「オリジナルブルーギル」という艶かしカラー!
この色を見た瞬間に「こんな色のプラグが欲しい!」なんて思ってしまったのは内緒の話しですが…
クリアでもマッディーでも使えそうなカラーですね!

実は、自分の持ち物としてアラバマリグを触るのは初めての事だったのですが、実際に持ってみて「意外に軽い!」というのが第一印象でしたね!
と言う事で早速量ってみたところ、11.2gありました。
なんとなく14g程度のものというイメージだったので、軽いと思ったのも大きく外れてはいませんが、見た目のボリュームの割には軽い…そういう事だったのかもしれませんね!

このアラバマリグ、自分の行く様な釣り場で使えるものかどうかは分かりませんが、せっかく頂いたものですし、使わない以上は語る事もできないので、今年はどこかで使ってみようと思います!
釣りに行ける機会があるかどうか…、そっちの方が大きな問題かも…
posted by ITO-CHAN at 21:51| Comment(0) | 日記

2012年02月15日

AFTER'45

今日、ふと思い出した曲…



同世代の方はご存知かもしれませんが、今ではすっかり俳優業に専念している石橋凌さんのいたバンド、ARBの「AFTER'45」という曲です。
中学時代、このARBというバンドがが大好きで、よくコピーして歌っていました。
あの頃の連中にはすっかり会ってないけど、元気してるのかな…

実はこの石橋凌さんのお兄さんと、過去に業務上の付き合いがありまして、何度か一緒に飲んだ事があります。
ARBの大ファンだと伝えたら「じゃカラオケに!」なんて事になり、実のお兄さんの前で十曲以上も歌っちゃいました…
今考えるとお恥ずかしい限りで…
でもね、その時はなんだかご本人と魂が繋がっている様な気持ちになって、歌っていてとても気持ちよかったのを、今でもハッキリと覚えています。

お兄さん、もう暫く会ってませんが、また何処かで飲みたいですね!
石橋凌さん、いつの日かまたマイクを握ってくれる事を心の底から期待してます!
posted by ITO-CHAN at 23:18| Comment(0) | 日記

2012年02月14日

スカッパノンって?

知らず知らずの内に、本当の意味を分からずに使ってしまっている言葉って、何気に多いかもしれませんね。
特にバスフィッシング界の様に外来語ばかりだと、そんな機会も多い様な気がしてなりません。
今日の編集作業中、ワームのカラーをアルファベットで表記する際に、そんな事を考えさせられてしまった事態に遭遇しました。

そのカラー名というは「スカッパノン」
今ではごく一般的に使われる様になった色名ですが、個人的には「コーラ」と同じ感覚しかなく、未だにこの手の色は「コーラ」と呼んでます。

で、この「スカッパノン」ですが、色々と調べていると大きく分けて二通りの説に行き当たりました。
一つは「錆びた水の色」で、もう一つは「ブドウの品種名」

最初の「錆びた水の色」、普通に考えれば「ラスティーウォーター」というのが正しい気がしますが、ある説によると「ボートの中に溜まっている錆びた様な色の水」なんてものを意味している様で、いわゆる「錆びた色の水」とは一線を画した色みたいです。
他の説にも「水垢」なんて言う解釈もあったので、少なからず「錆」とか「水」に係わりはあるんじゃないかと思います。
ただ、「水垢」の場合は「スケール」って言うんじゃないかな、確か…

そして次の「ブドウの品種」という話し、これは過去に海外事情に詳しい某釣具メーカー社員の方からも聞いた事があるので、かなり信憑性の高い話しだろうと思われます。
また、ある釣り人のブログにも「ワインの品名」なんて記事もありましたので、更に信憑性も高い感じですね。

と言う事でWikipediaで調べてみたのですが、ありました!スカッパノン!
そのブドウがこれ!

scuppernongs.jpg


え!全然スカッパノンの色と違うじゃん!
そんな声が聞こえてきそうですが、もちろんこの写真以外にも白いのも赤いのもありました!
でも、有名なのはどうやら「白い」方のモノの様で、色以外にも「大粒」な事が特徴の様です。
まあ要するに、スカッパノンというのは「Muscadine」という種類のブドウの一種で、産地の名前が品種名になった…どうやらそんな感じみたいです。

で、気になるその「産地」ですが…
アメリカのノースカロライナ州。
スカッパノン川という名の川もあるみたい。
これがフランスとかチリとかスペインだったら胡散臭い雰囲気もしたのですが、アメリカですからね!
まあ、ほぼこれで間違いないでしょう!

でこのスカッパノン川、地図で調べてみたところ、ノースカロライナ州の北側の大きな入江「アルベマール湾」にそそいでいる川でした。
もしかしたら、「船の中の錆びた水」も、この地の人がブドウの品種に例えて命名したものだったりして…
posted by ITO-CHAN at 22:45| Comment(0) | 釣りの雑学

2012年02月12日

現実逃避?

1月15日の初釣り以降、全く釣り場に行けてません…
そんな事もあり、なかなか釣り場からのメッセージが書けないという悲しい状況。
とは言え、釣り関連の動画編集作業を毎日しているので、全く釣りに触れてないという訳ではありませんがね…
でも、これがまた余計に釣りに行きたい神経を逆撫でしてくれるもんで…
毎日が格闘ってところです。

編集作業がもう少し順調ならば、ちょっとの気分転換に亀山ダムにでも表敬訪問したいところですが、昨日のダイアリーにも書いた通り、細かいところが気になってね…
思う様に進んでいないというのが現状。
もちろん、毎日少しずつ成長してくれているので、納得の行く部分は多くなってきてますけどね!
後は、ちょっとした細かなトランジッションとか音の上げ下げとかBGMとか、いわゆる動画のお化粧部分だけ、でも何気にこの辺りが実は一番厄介…
何も無いところから自分でデザインを組み上げる訳ですから…
平面とは言え動画なんで、当然動きも必要だし、それに合わせて音も組み込まなきゃならないんでね…
テレビの業界だと、この辺の作業は持ち屋持ち屋で分担作業になる訳ですけど、撮影はもちろん、編集も音楽効果も全部一人作業なんで…
こうして引き蘢りになってしまうのも、無理ないでしょ…

そうそう、今日中にある程度の作業を終わらせて、明日は六度九分の個展に行こう!なんて計画してたのですが、とてもじゃないけど行けそうに無い雰囲気…
行友さんにも大変申し訳ない感じになっちゃいましたが、個人的にも行けなくてなんだかとっても残念…
なんだか急に情け無い気分になっちゃいました…
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(0) | 日記

2012年02月11日

キリが無いんだけどね…

気になり始めると、トコトン気にしてしまう…
そんな商売に向いてない性質は未だ健在!

というのも、ここ数日の間、DVDのエンディング曲に悩まされてます…
時間的にも自分で作曲する事は当初から諦めてた訳ですが、購入するにしてもなかなかシックリくる曲が見付からない…
なんだかんだと、既に1,000曲ほど聞いてしまっている始末。
こうなると、最初から「自分で作るべきだった…」と後悔したりもしてますが、ここまで来るともう引き下がれません。
意地でも探すつもり!

もちろん、1,000曲も試聴しているので現状何曲かの候補はあるのですが、どうも「ビビビ!」って感じのがないんです…
多分、自分の中のイメージが膨らみ過ぎてて、余計にマッチングし難くなってるんでしょう。
個人的な予定では、明日中に「大まかな部分は仕上げたい!」なんて考えてましたけど、音楽とか音量の調整作業を考えると、やっぱりまだもう少し時間が必要な感じ。

そもそも、この手の仕事って「終わりが無い」んですよね…
自分自身が納得行くまで…なんてやってたら、多分、半永久的にやっちゃうでしょう…
でもね、そんな事してると発注側に多大な迷惑掛けちゃうんで、締切日を決めて時間という枠の中で作業しないとダメなんですよね。
でもね、やっちゃうんですよ、徹夜してでも…
イジればイジる程に作品の表情が変わって行くのも刺激的で楽しいんですけど、やっぱり好きなんですよね、こういう仕事。
心の何処かに「終わらせたくない!」なんて矛盾した感覚がある様な気がします。
困ったもんです。

とにもかくにも、この作業も終盤に差し迫っている事に違いはありません。
今の最大限で、最後の最後まで拘り切るつもり!
後に過去の作品見ると、必ず「なんでこの部分こうしたんだろう…」って思うので、そんな部分が少しでも少なくなる様にしなきゃですからね。

それにしても、エンディングの曲か…
「頭の中にある薄ぼんやりしたイメージが即時に楽曲になってしまう!」
そんなソフトでもあれば良いのにね…
posted by ITO-CHAN at 23:27| Comment(0) | 日記

2012年02月10日

アレをプレゼント!?

時間の経つのはホントに早い…
気が付けば、2月も三分の一が過ぎている…
同じ様な作業を昼夜関係無く続けているせいか、日にちの感覚はおろか曜日感覚も薄れてきてて…
社会人としてはちょっとマズい感じかも…

久しぶりにカレンダーを見て思い出したのですが、野村君の開催する「直リグ道場」、そう言えば開催は今月末の日曜日でしたね。

DSC_0135.jpg


多分その頃までには少しの余裕ができてる気がするので、こちらから参加者の皆さんにちょっとしたプレゼントをご用意しようかと考えています!
実はまだ野村君にも話ししてないんですがね…

どんな品物かは当日のお楽しみと言う事で!
まだまだ申込も間に合う状態ですので、気になる方は是非チェックしてみて下さいね!
posted by ITO-CHAN at 23:15| Comment(0) | 日記

2012年02月09日

まさかのお誘い!

昨晩、久しぶりにサイトの更新をサボってしまったのですが…
実は昨夜、ちょっと嬉しいハプニングがあったのです!
+ROOMS'のビルダー畑中氏から、一本の電話。
「今、実は東京に居るんです!」
それも、かなり家から近いところ!
畑中氏と言えば、よくよく考えてみれば兵庫ですからね…
こうして東京来た際、電話貰えるなんて、なんだか嬉しいもんです!

と言う事で、昨夜は新宿の街に繰り出してきた訳ですが、結局聞きたかった話しも殆ど出来ないまま解散になっちゃいました…
アルコールが入ってしまうと、いつもこんな感じ…
まあでも、十分に楽しい時間を過ごさせてもらいました!

で、せっかくの好機だったのに写真を撮り忘れちゃいまして…
なので代わりと言ってはなんですが、+ROOMS'が最近発表した「忍者」の水中アクション動画を貼付けておきます!



サイズの割には、思ったよりも細かい波動が発生してる感じですね!
多分、ボディーに刻まれたスリットがあの手の波動を醸し出してるんでしょうね〜
それにしても、あの表層ギリギリの泳ぎ…
水面から飛び出す事無く水に包まれて進んで行く様な…まさに忍者って感じですね!
posted by ITO-CHAN at 23:25| Comment(0) | 日記

2012年02月07日

明日が初日!

すっかり忘れていましたが、明日から「六度九分:ハンドメイドルアー展」なる個展がスタートです。

P1073047.jpg


初日にでも顔を出そうかと考えていたのですが、この状態ではちょっと無理っぽい感じ…
13日の月曜日が最終日みたいなので、それまでには何としても行きたいもんです。

まあそれにしても、どんな個展になるのかホントに楽しみ。
ハンドメイドとは言えルアーはそもそも釣るための道具の一つ。
どんなにアーティスティックであろうとも、釣れなければ意味の無いものでしょう。
でもね、プラスティックでは表現しきれない温もりだとか柔らかさがあるだけでなく、それでしか醸し出せない独特の「味」があるもんなんですよね。
そんな「味」といった部分を、フィールドから遠く離れた都会の室内で鑑賞してみたら、またちょっと違う「味わい」に出逢えたりするのかもしれませんね!
それだけでなく、生みの親でもある行友氏とも触れ合う事ができる事で、カタチへの想いなども直接感じる事ができるんじゃないかと思います。

ルアーとかアートを見に行くって感覚だけじゃなく、ビルダーに会いに行くって感覚でも面白いかもしれませんね!
お時間ある方は是非行ってみて下さい!
posted by ITO-CHAN at 21:10| Comment(0) | 日記

2012年02月06日

あ…釣りに行きたい…

相変わらず引き蘢って編集作業をしているのですが…
何気なく外を見たら久しぶりの雨…
だからあまり寒くないのか…なんて考えてたら、ついつい釣りに行きたくなってしまいました。
今年は最低でも毎月一回を目標にしてるんで、今月もなんとかして行かないと…
と、そんな意気込みだけは湧いてくるのですが、やっぱりまだ暫くは行けない感じ…
そんな自分を慰める意味も含め、こんな写真を貼付けてみました。

P1020237.jpg


これを見て、少し気分が和らいだ様な…更に加速した様な…
どちらか本当なのかは分かりませんが、一応は癒された気がします。
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(0) | 日記

2012年02月05日

関西は元気!

釣具業界最大のイベント「フィッシングショーOSAKA」も今日が最終日。
こちら東京には新商品などといった細かな情報はあまり耳に入って来ないものの、入場者数は昨年度比110%だそうで、関西の釣り人達が依然として元気である事は確かな様です。
ある業界筋の方のブログによると、体感的には10%増以上の感覚だった様で、昨年以上に盛り上がった会場の雰囲気がなんとなく感じ取れます。
ならば、なおさら行きたかったな…

ただ意外な程に、一般アングラー達のブログなどには、現場の雰囲気が分かる様な写真が少ない…
まだこれからなのかな…
昨年は初日の晩にかなりのブログが更新されていた気がするのですが…
気のせいかな…

横浜の開催日程と一月以上も離れてしまう様になってから、大阪での盛り上がりが横浜に影響を与える様な気がしてなりませんが、これだけ盛り上がったのなら横浜も期待できそうですね!
横浜の会場に行くかどうかは、正直まだハッキリと決めてはいませんが、フィッシングショーに掛けて何かイベントを…なんて事も水面下で企てているところです。
もちろん、釣りに行っちゃわなければ…の話しですけどね!
動きがあり次第、順次お知らせしたいと思います。
posted by ITO-CHAN at 21:03| Comment(0) | 日記

2012年02月04日

懐かしい記憶と新たな野望!

「今何処にいるの?」
昨日はそんな電話が一日に何度も…
まあ要するに「フィッシングショーOSAKAに来てるんでしょ?会おうよ!」なんて話しな訳ですが、今年は東京に居残りでして…
釣り業界と言っても実はかなり狭い業界なもんで、こんな機会でもなければ会えない様な人もたくさんいるのは事実。
ホントなら挨拶するだけでも行くべきなんでしょうけど、今年はね…
業務的な都合もあって見送らせて頂きました。
電話下さった皆様、本当に申し訳ないです。

と、そんな中ではありますが、昨日は久しぶりに小学校の同級生達と一杯交わしに行ってきました!
実は今年に入ってから一度少人数での同窓会があったのですが、話題の殆どが自分達を含めたクラスメイト達の現在の状況。
卒業以来、何度か会っている人も居るとは言え、もうかれこれ30年も経つ訳ですからね…
地元で頑張っているヤツもいれば、全く連絡の取れないヤツもいるし、仕事で成功しているヤツもいれば、そうでないヤツも…
さすがに「釣り業界」なんて話しは聞こえて来ませんでしたけどね!
まあでもそんな話しの中から、タレント事務所とか制作会社といった広い意味で映像メディアに関わる仕事をしているヤツが他にもいる事が発覚し、そんな事が切っ掛けで昨日の飲み会へと発展したという訳。

まあしかし、凄く知っているヤツ等な筈なのに、今を含めそれまでの経緯なんて事は全然知らない訳で、なんだかとっても不思議で楽しい飲み会でした!
なんだかんだと3次会にまで突入し、帰宅したのは朝方になりましたけど、まだまだ話し足らない感じで30年のブランクは到底埋め切れませんでしたけどね…
まあ、今後も恒例化して定期的に飲めるんじゃないかと…期待してます!

そうそう、もちろん話しの中では業界的な話しも色々と飛び出したりした訳なんですが、やはり誰もが今のテレビ業界(番組)の在り方については何らかの疑問を抱いているみたい…
どの局の番組を見ても、結局はお笑いとかクイズとか同じ様なラインナップばかりだし、ニュースや報道にも局のカラーは見えてこないし、挙げ句の果てにはYou Tubeの映像を流してみたり…
番組を制作する力量が衰えている事は言うまでもありませんが、視聴率やクライアントの意向ばかりに重きを置いて、視聴者側である私達一般人の事は全然見えていないんじゃないのかな…

もちろん、制作費とか様々な大人の事情はあるんだろうと思いますが、このままじゃきっと誰もテレビなんか見なくなる…、そんな日もそう遠くはない気がしてなりません。
同じ様な事を考えている方、きっと少なく無いんじゃないでしょうか…
ボク等クラスメイトに何が出来るのかはまだ分かりませんが、少なからず想いは同じ。
「もっとメッセージ性の高い意味のある事がしたい!」
そんな忘れかけていた野望が、ついつい思い出された夜でした。
まだまだちょっとした方向性だけしか見えてませんが、薄らとでもそんな光りが見える事で、自然に沸き上がる不思議なチカラがある様で…
クラスメイト達と過ごした一時のお陰で、いまちょっとメラメラ来てます!
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(0) | 日記

2012年02月03日

釣り業界史上初のDVD!

昨日のDIARYで予告した通り、やっと「ある動画」の正体をお知らせできる事になりました!
まずはその「告知篇VTR」をご覧下さい!



そうなんです!昨今なにかと話題の「直リグ」を徹底的に追及したDVDなんです!
タイトルは「直リグマスター免許皆伝」、杉戸船長直伝シリーズ第三弾の作品!

本編は3月の発売に向けまだ編集中ではありますが、告知篇でもご紹介してる通り、直リグの構造的特徴をはじめ、七つのキーワードでひも解く利便性、各リグとの水中アクション比較、釣り人の素朴な疑問に答えるQ&A、そして、九州リザーバー篇・東播野池オカッパリ篇・琵琶湖ブレイク篇・三重野池オカッパリ篇・琵琶湖ウィード篇からなる実釣解説コーナーと、直リグの魅力を完全に網羅したDVDに仕上がる予定です!

DIARYのタイトルにも告知篇動画内にも「業界史上初」なんて大それた一文がありますが、実際のところ直リグに特化したDVDは全国で初!
決して大袈裟に用いた訳ではありませんよ!

と言う事で「ある動画」のタネ明かしをさせて頂きましたが、この動画を見れば実際の釣り場においての「直リグの使いどころ」に関してはもちろん、「フィールド更に詳しく知る」なんて事にも大きく貢献してくれるでしょう!
特に、オカッパリアングラーの方には利点も多いので、是非本編をご覧頂きたいと願っています。

3月の発売まで、もう暫く引き蘢っての編集作業が必要な状況ですが…
皆さんの戦力になる様なDVDになる様、全力を注いで作ってますんで、もう少々お待ち下さい!
告知篇の短いカットの中にも直リグに関する色んな「ヒント」が隠されてるんで、そんな目線で何度か見て頂くのも良いかもしれませんよ!
posted by ITO-CHAN at 11:08| Comment(0) | 日記

2012年02月02日

明日はきっと…

今やっと、ある一つの作業が完了しました!
と言っても、あくまでも告知篇に過ぎませんので、引き蘢り生活は暫く続くと思いますが…
まあでも、きっと明日には皆さんにもお披露目できるでしょう!

と言う事で、もう既に「告知篇」と書いてしまったので、もうとっくにバレバレかもしれませんが…
ヒントはコレ!

dvd-logo-color1.jpg


そう!あるDVDを編集してるんです!
本編はまだ編集中なんですけど、皆さんに一刻でも早く知って頂きたいと言う事で、先に告知篇だけ編集してたと言う訳です。

あ、もちろん釣り関連のDVDですよ!
って言うか、釣り関連の映像しか作れないんでね…

まあ明日、皆さんに告知篇を見て頂き、どんなDVDが発売されるのか知ってもらえると思うと、なんだかちょっとドキドキします!
告知篇も、個人的には随分と頑張っちゃったので…
ワクワクして頂ければ幸いです!
posted by ITO-CHAN at 23:48| Comment(0) | 日記

2012年02月01日

正しい釣具の選び方!

色んなサイトを徘徊している中で、特に目立って見付けてしまうのが釣り道具に関する質問。
それも、使い方とか手入れの方法といった内容では無く、新規購入にあたってのお勧め等を聞いている類いのものに度々出会します。
質問の文面から見ても初心者クラスだろう事は直ぐに分かるのですが、実際、今となってはスペックも細分化され過ぎてる上、ベイトフィネスなどといったややこしい選択肢なんかもあったりするんで、一昔前に比べたら格段に困難な状況でしょう。
豊富なラインナップも、初心者にとってはパズルのピースが増えた様な感覚なのかもしれませんね。

P1000388.jpg


正直なところ、これだけ永きに渡りバス釣りをしていると、道具を購入する際に迷う様な事は殆どありません。
強いて言うならば、懐具合…程度ですかね。
自分自身のする釣りに「何が足りなくて何が必要か」なんて事は十分に理解していますので、本当にそれが必要なのかどうか、また、今それを購入すべきなのかどうか…程度の事でしょう。
結局のところ、自分の釣りスタイルというものをちゃんと理解しているかどうか、その辺が道具選びの重要な鍵になる訳です。

では、まだ自分の釣りスタイルというものが把握できていない方達は、どんなふうに釣具を選べばいいのでしょうか。
答えは簡単です。

ショップに行って、見て、触って、一番しっくりきて、欲しいと思うモノ。
その上で、お財布と相談して無理の無いモノ。

もちろん、どんな釣りをしたいのか、どんな釣り場で使うのかなど、事前に想定しておく必要はありますし、それがスペックの数値に適合するのかどうかの判断ができる程度の勉強は、しておく必要があるでしょうけどね。
分からない事があれば、店員さんに聞くのもいいですし、一旦帰宅してネットなどでメーカーサイトを見てみるのも良いでしょう。
欲しいと思える品に出逢うまで、そして納得行くまで悩んで選べば良いんじゃないかと思います。

一番マズいのは、サイトの質問コーナーに寄せられる答えを鵜呑みにしてしまったり、雑誌や動画にあるメーカーの広告に洗脳されてしまう事。
質問コーナーに寄せられる回答は、あくまでも回答者個人の感想であり、あなたの使うシチュエーションやスタイルを考えての事ではありません。
また、業界の人ならばまだしも、全ての道具を使い込んだ上での結果という訳では絶対にないので、これも回答者個人の感覚に過ぎないと言えるでしょう。
そして、雑誌などの広告はメーカーが販売目的で発信している「宣伝」なんです。
また、釣り雑誌にはメーカーが料金を支払ってわざわざ本編記事の様に見せる「記事広告」なんてページも多くあるんで、情報を鵜呑みにしてしまうのは非常に危険です。
雑誌で露出される様な釣り人と、あなたが同じ道具を使っても、同じ様に釣りをする事なんでできる筈がありませんからね。

とにかく、それが新品であろうと中古だろうと、自分自身で見て触って気に入ったものを買うのが一番!
他人に勧められて購入し結果的に気に入らなかったら、どこにも不満のやり場が無いですからね…
ショップに行って色々触ってみれば、少なからず「握り心地が良い!」とか「軽い!」とか「長さがちょうど良い!」程度は判断できるでしょう。

これから開催されるフィッシングショーでは、様々な出展企業さんの色んなタックルを一度に触る事ができるでしょう。
こういう機会もそうそう無いので、道具選びで悩んでいる方には良いチャンスかもしれませんよ!
posted by ITO-CHAN at 23:40| Comment(0) | ルアー・釣具