ac-top-ban.jpg

2012年03月05日

リールシート

昨年無念にも折れてしまった EDGE PRIDE EPGC-603 ですが、永く愛用していただけに、なんとか有効活用して第二の人生を与えたい…という想いから、リールシートとガイドを別のロッドに移植する事を思い付きました。
移植するロッドの候補は、G-Loomis GL2 CR-722
小型〜中型のプラグ用に使用して来たロッドで、クランクはもちろんポッパーなどにも割と相性が良く、必ず連れて行くお気に入りの一本。
ただ、ちょっと古いロッドのせいか、ティップ側のガイド径が大きかったり、全体的にちょっと重ためだったり…、そんなちょっとしたところが気になっていたロッドでもあります。

603との使用範囲も近いモノがあるので、思い切ってリールシートとガイドを交換してみようかと並べてみたところ…
リールシートがほぼ同じ形状…

IMGP0072.jpg


どちらも今まで散々使ってきたロッドですが、これには全く気が付いていませんでしたね…
握った感覚も全然違う様に感じていただけに、これにはちょっとビックリ!
両方とも「Fuji製」なんで、よくある事かもしれませんが…

こうなると、リールシートはそのまま残しガイドだけを交換すべきなのか、それとも当初の予定を敢行すべきなのか…悩むところです。

まあでも、せっかくやるなら全てに手を入れたい…
もちろん、そんな時間があるなら…の話しですけど。
それに、基本的に使用しているタックルの大半が EDGE PRIDE シリーズなんで、出来る事ならデザインにも統一感が欲しい…
と言うか、愛用していたロッドの再利用を前提としているのであれば、やっぱり「全交換」ですよね。

いつになるか分かりませんが、時間見付けて手を入れたいと思います!
この作業が始まったら、仕事が全然無くて失業している様なヤバい状態か、もしくは、仕事が忙し過ぎて現実逃避をしたくなる様なヤバい状況…のどちらかでしょうね、きっと。
どちらにしても普通の状態では出来そうにない感じですが、出来る事なら後者の状態である事を希望します。
posted by ITO-CHAN at 22:51| Comment(0) | ルアー・釣具