ac-top-ban.jpg

2012年08月29日

チューブになってないけどチューブ?

このところ、気になって仕方無いワームがあるのですが…
それは、写真のコレ!

image_13415672269.jpeg


KEITECH Salty Core Tube(proto type)
まだテスト段階で発売には至っていない製品なんですけど、ご覧の通り、チューブ状になってないチューブなんです…
チューブと思うから空洞になってないのを異質と感じてしまうのかもしれませんが、ゲーリーのイカなどと同類に考えれば、特にそんな違和感も無くなるでしょう。

実は、今年の初夏、Mad Wag の水中撮影の際、このプロトをバックスライドデッティングでちょこっと使わせてもらったのですが、率直に「見事なバックスライド!」「ちょうど良い比重で操作性が高い!」「水中での動きがイメージし易い!」「とにかく釣れそう!」そんな印象を強く受けたのを覚えています。
また、内部に身が詰まっているにも係わらず、摘んでみると何気にソフト…
それでいて、外側のマテリアルは結構丈夫で、かなりタイトにカバーを攻めてもズレたり壊れたりはありませんでしたんで、フッキングも良くカバーにも強いって事が言えるでしょう。
対カバーにゲーリーを使わなくなったのは「壊れ易いから…」なんて経緯だったので、これならそんな心配もする事無く安心して使える気がします。

内部がソリッド状と言う事は、無理なくストレートフックを使う事が可能だし、ほっと細めの軸をあてがう事も可能でしょう。
そう考えると、使用範囲も自ずと広がって行きますよね〜!
出来れば、カバー中心のこの季節に使ってみたかったんですが、発売はまだちょっと先みたい…
自分の釣りにおいて、高比重の定番になるのは間違い無さそうです!
  
posted by ITO-CHAN at 23:22| Comment(0) | ルアー・釣具