ac-top-ban.jpg

2012年10月18日

水中から見る景色!

動画の質を高めるためにと始めた水中動画撮影ですが、気付いてみればすっかり本業になりつつある状態。
もうかれこれ5年以上はやってきているし何気に機会も多いので、自分で言うのもなんですが、このジャンルに関してはそうそう負けない自信があります!
もちろん、あくまでも釣り業界におけるルアーなどの水中撮影に関しての話し。
ダイビングを本業にしている様な専門の方達と比べたら、機材なんか全然チープだし、撮影技術だってまだまだですし、水中カメラマンという大きな意味では何一つ勝てるところは無いでしょう。
でもね、何処へ行ったら奇麗に撮影ができるのか、何処に行けばどんなストラクチャーがあるのか、どんな動きが好ましいのか、どんなシチュエーションなら釣り人にワクワクしてもらえるのか…、この辺は釣り人じゃないと絶対に分からない部分なんですよね。
どんなに撮影が上手くても、こういった部分を知っているかいないかで画には大きな差が生まれてしまうんです。
それに、人件費の単価という面でも完全に勝ちでしょうね!
きっと、本業の方の10分の1程度でしょうから(笑)
  
そんな水中撮影をしていると、様々な生き物や想ってもない様な素晴らしい景色にに遭遇して、すごく癒されてしまう事がしばしばあります。
例えば、ボートの上からだと汚らしい様に見える水草も潜って見てみると凄く奇麗だったり、全然魚が居る様に見えない場所でも潜ってみると凄くたくさんの魚が泳いでいたり…
  
SCT.jpg

  
淡水エビやヨシノボリなどの愛らしい動きを観察できたり…
いつも必ずなんかしらの驚きとか感動とか発見があるんです。
  
そう、水の中での発見と言えば、ワームの色!
水の中で見ると普段陸上で見ている色と全く違う色に見えてしまう…なんて事が、実はとても多いんです。
もちろん、その日の天候・水質・レンジ・見る角度などによっても多少の違いは生じるんですが、地上で見て全然「パッとしない」様なカラーでも一度水の中に入ってしまうと「これスゲ〜!」に急変してしまうんですよね!
特に、少しでもクリアな感じのある様なワームは、こんな変身をしてくれる事が多い気がします。
これ、ホントに不思議な事なんですが、水に浸けたワームを地上から見るのとも、また一味も二味も違うんですよね〜!

こんなふうに人間の目から見て「艶かしい〜!」様な色をバスがそう感じるかどうかは分かりませんが、少なからず釣り人のモチベーションは高めてくれるんじゃないかと思います!
最近では防水仕様のデジカメも色々あるし、防水タイプの携帯も随分と出てきてる様なので、試しに自分の持っているワームを水中から撮影したりしてみると、もしかしたら、ちょっとした発見があるかもしれません。
  
posted by ITO-CHAN at 23:22| Comment(0) | 日記