ac-top-ban.jpg

2012年12月31日

良いお年を!& ドMの詳細!

今日は今年最後の一日。
今年も皆様には大変お世話になりました!
なかなか実現できない事も多々ありましたけど、来年は更にパワーアップして行くつもりですので、本年同様来年も宜しくお付き合いの程お願い致します!
  
と言う事で、早速、一月開催の「ドMクランプリ in 亀山ダム」を正式発表させて頂きます!
  
DoM-GP.jpg

  
先日フライングして発表させて頂いた内容とは、ちょっと違うところがありますので、ちゃんとご確認の上でご参加下さいね!
実は、エントリーフィーも2,000円の予定を2,500円にしたのですが、これは参加者全員に「ちょっとしたお土産を持って帰ってもらおう」なんて分ですので、ご理解ご協力のほどお願い致します!
  
と言う事で、皆さん良いお年を!
posted by ITO-CHAN at 22:02| Comment(0) | 日記

2012年12月30日

CRANKIN' JIG

つい先程、今朝方まで編集していた HONEY SPOT MOVIE「CRANKIN' JIG 篇」が公開されました!
かなり一生懸命作り込んだVTRになってますんで、とりあえず一度ご覧下さい!
  

  
ご覧の通りこの動画、実釣部分に関しては大分県のリザーバーで収録されたものなんですが、実はこれ、放映元の HONEY SPOT 店長の内村さんが撮影してくれたものでして、こちらは、冒頭のインタビュー部分の撮影と編集を担当させて頂いた、いわゆるコラボ作品なんです。
  
動画素材を頂くまでは、正直「CRANKIN' JIGって?」なんて感じでしたけど、動画を見て、そして昨日の追加撮影でこれを手掛けた西村さんのお話しを聞いて、やっと「こりゃ、ただのスイミングジグではないな…」というのが見えてきた感じ。
シャローの好きな私にとっては非常に興味深いジャンル、フロッグ縛りから解放されたその時は…
まず真っ先に使ってみようと思います!
  
来る2013年、この手の釣りがブームになりそうな気配も感じたりしますんで、今のうちに自分のフィールドで使い込んでおくのも良いかもしれませんよ!
  
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(0) | 日記

2012年12月29日

すっかりファンに!

今日は、こんな方とご一緒させて頂きました!
  
201212291758000.jpg

  
そう!ノリーズの西村さん!
HONEY SPOT MOVIE の追加撮影ということで、3時間程ご一緒させて頂きました!
ほぼ初対面だったのですが、釣りの知識はもちろん、人柄にも完全に魅了されちゃいまして、すっかりファンになっちゃいました!
  
実を言うと、今日の追撮に至ったのは「こちらの勘違い」が原因でして…
そんな状況だった上に、こんな年末押し迫った時期だったにも係わらず、快く撮影に応じて下さいまして、本当にありがとうございました!
こちらとしては、こんな機会でもなければなかなかじっくりお話しできる様な方では無いので、ちょっと得した気分でしたけどね!
  
ということで、次回の HONEY SPOT MOVIE は西村さんによる「CRANKIN' JIG 篇」と「METAL WASABY 篇」です!
年内にアップされるかどうかは、私の仕事のスピード次第…
とても「ためになる動画」に仕上がるんじゃないかと思いますので、是非ともご期待頂きたい!
特に、西村さんがプロデュースするNITTI BAITの「CRANKIN' JIG」に関しては、かなり興味深い内容となってますので是非ご覧下さいね!
  
どうしても気になるという方は…
こちらのサイトを見て予習しておいて下さい!
  
NITTI BAIT ホームページ
  
posted by ITO-CHAN at 23:08| Comment(0) | 日記

2012年12月28日

ドM大会、開催決定!

少し前に勝手に発表させて頂きました「ドM大会」の件ですが、おりきさわボートさんからも了承を頂きまして、正式に開催させて頂ける事となりました!
バナーもちょっと変えて、こんな感じ!
  
DoM-GP.jpg

  
「DoM-GP」と書いて「ドエムグランプリ」と読みます。
ちょっとカッコイイでしょ!?
で、ご覧の通り、開催日は1月27日の日曜日!
場所は、亀山ダムの「おりきさわボート店」です!
  
概ねどんな大会にするのかは決めてあるものの、更に楽しい一日にするために、もうちょっと煮詰めて行きたいところ。
なので、大会概要の正式発表は年明け頃になってしまうかもしれません…
ま、なるべく早くお知らせできる様に致します!
  
内容はともかく「俺は絶対参加だ!」というせっかちな方は、ボート予約の際に「ドエム参加」の旨、申請して下さいね!
ん?「なんかちょっと恥ずかしい…」って?
そう!ドエム大会は参加申請の時点から始まってるんですよ!
その恥ずかしさを越えたところに、新たな境地が待ってるんです(笑)
  
で、一応、これだけは先に伝えておきますが…

【必ず自分の釣りにリグで縛りを設けること】
〜もちろん、大会中は自分の決めたリグしか使用できません。
  
【個人戦は最大魚一匹の重量】
〜ライブウエルでのキープは一匹のみ。
〜複数人で使用の場合は必ずマーカーを使用して下さい。
  
【チーム戦は上位3匹の平均重量】
〜個人戦とは別に参加者をリグ毎に3チームに分け、上位3匹の平均重量にて競います。
チームの振り分けはこんな感じ。
〜赤組:トップウォーターチーム/青組:ハードルアーチーム/白組:ソフトルアーチーム
(ハードのトップはトップウォーターチーム、ビッグベイト&スイムベイトはハードルアーチーム、チャターベイトはハードルアーチーム、ラバージグはトレーラーの有る無しに係わらずソフトルアーチーム…)
〜チーム内での釣果が3匹に満たない場合、不足分はゼロとして計算し平均値を算出します。
  
【同船は同じチームに属する方とのみ】
〜リグによってポイントも釣り方も違うでしょうからね…
〜一人参加の場合は基本的に12ftを、二人以上の場合は10ft又は14ftでお願いします。
  
概ね変更の無さそうなのはこんなところ。
あくまでも個人での優勝を目指すのか、それとも手堅くチーム優勝を目指すのか…
この辺でも「どんな縛りで釣りするか…」は変わってくるでしょうね。
大会当日まで「どのチームに何人いるか…」すら分からない…
この辺も「ドエム」ならではの「ドエム」らしい企画(笑)
参加費は一人2,000円前後と考えています。
  
まあこんな大会ですが、きっと楽しい一日になるでしょう!
ひょっとしたら「お年玉!」もゲットできるかもしれませんので、正式発表をお楽しみに!
そうそう、こちらへのエントリーは必要ありませんので、各自にてボートの確保だけお願い致します。
ちゃんと「ドエム参加」って言って下さいよ(笑)
  
posted by ITO-CHAN at 22:46| Comment(1) | 日記

2012年12月25日

最高のクリスマスプレゼント!

先日軽く触れさせてもらった「小学2年生東京都サッカーフェスティバル第7ブロック選考大会」ですが、なんと、我が息子がキャプテンを務めるチームが競合を押し退け「優勝」してしまいました!
これで、東京都大会進出決定です!
  
201212241651000.jpg

  
過去の試合を見てる中で、そこそこの実力がある事は分かっていたものの、まさか頂点に立ってくれるとは思ってもいませんでした!
決勝戦へ勝ち進んだ際はもちろん、優勝が決まった瞬間は嬉しくて嬉しくて泣きそうになってしまいました。
自分にとっても最高のクリスマスプレゼントになったのはもちろん、今年、いや今までの生涯において最高に嬉しい出来事にだった様な気がしています。
祝勝会では最高に美味い酒が飲めたし、最後まで諦めずに頑張ってくれた子供達に感謝しなくちゃですね!
  
本来ならば、もっともっと釣りのアレコレを妄想しながら動画作りに精を出してなければならない時期なのですが、今朝方まではどうしてもサッカーの事が頭の中の大半を占めてまして…
でももう大丈夫!
すっかり釣り人モードに切り替わってますんでご心配無く!
年内はもちろん、正月も返上して仕事に専念しようと意気込んでます!
  
しかし、来年からは練習試合をはじめ公式戦も更に増えるだろうし、土曜日と日曜日は確実にサッカーな感じになりそうです。
もちろん仕事は最優先でしますけど、プライベートでの釣りとなれば完全に平日しか行けませんね、きっと。
こう考えると、小中学生の子を持つ親、特に試合とか発表会のある様なクラブや習い事をしているとなると、土日でも身体の空く様な日は殆ど無くなりますよね…
周囲の親達との話しの中で「今度一緒に釣りに行こうね!」なんて話しは出るものの、なかなか実現できないのにはこうした理由も大きく影響しますよね、やっぱり。
結婚とか子供の行事とかで釣りという遊びから離れてしまった仲間達の苦渋も、いまになって何となく分かる様な気もします。
釣りってやっぱり、最終的には個人の楽しみ的な部分が多いですからね…
  
そういう意味でも、なんとか仕事を工面すれば平日釣りに行く事の出来る境遇に感謝しないとですね!
息子のサッカーも全力で応援するつもりですけど、来年は釣りにも更に熱を入れるつもり!
このどちらも両立させるには、仕事も今まで以上にやらないとですね!
なにかを思いっきり楽しもうとする気持ちがどこかにあれば、何事にも頑張れそうな気がします!
ホント単純な奴ですね(笑)
  
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(0) | 日記

2012年12月23日

第一関門突破!

昨日が悪天候だったため、次男の出場する「小学2年生東京都サッカーフェスティバル第7ブロック選考大会」は今日が初日。
途中ヒヤリとする事が何度かはあったものの、リーグ戦を順当に勝ち抜きトーナメントの初戦も勝ってくれまして、とりあえずはベスト16入り!
なんとか無事に第一関門を突破したといったところ。

明日の試合で全ての結果が決まる訳ですけど、親の立場から言わせてもらうと「勝つ事」よりも「もっともっと試合が見たい」というニュアンスの方が近い感じ。
もちろん、上位に行けば行くほど楽しい気分にはなれるでしょうけど、勝つ事だけに専念し過ぎてしまうと色々な弊害もあったりするし、まだ小学2年の子供なんでやっぱりチームが一丸となって楽しめる方が良いでしょうからね!
とは言え、トーナメント戦なので勝ち続けなければ試合を見る事はできなくなってしまいますけどね(笑)

soccer_ball.jpeg


今日、グランドで他のチームの試合を観戦していた際、ふと考え込んでしまった事がありました。
「息子のしているのがサッカーで無く、釣りの試合だったらどうなんだろう…」
現実的には有り得ない事なんですけど、応援の仕方も違うだろうしドキドキ感もワクワク感もきっと大きく違うんでしょうね。
間近で試合を観戦する事も難しいし相手の動きも分からない、その上、試合の結果は全員の検量が終わらないと分からない訳ですからね…

ならば、見ている側としては「どっちが楽しいんだろう…」なんて事までついつい考えしまった訳ですが、それは多分どっちも楽しいはず。
自分の息子が競技に没頭し、それに向かって鍛錬し、出された結果に喜んだり悲しんだりする姿は、きっとどちらも同じでしょう。
チームなのか個人なのかをはじめ、試合時間の長い短いや競技の見える見えないなんてところは多々あるでしょうけど、なんか根本的には同じなんじゃないかなって、結局そんな結論に達しました。
親ならば、息子がしたい事をやれる様にサポートするしかありませんからね!

明日、何試合できるかは分かりませんけど、思いっきり喜ぶか、思いっきり悔しい想いをするか、そのどちらかであって欲しいですね!
  
posted by ITO-CHAN at 23:42| Comment(0) | 日記

2012年12月22日

ドエムな大会を企画中!

先日の忘年会の際、参加下さった皆さんとの釣り談議の中で「1月に皆で亀山行きましょうよ!」なんて話しで盛り上がったのですが、メンバーがメンバーなだけに「普通に釣りしても面白く無いでしょ…」なんて話しに!
ならばと言う事で「各自各々が縛りを決めて釣り大会に!」なんて事になりました!
もちろん、まだまだ具体的な事は決めていないのですが、とにかく「その日は各自一つのリグに限定」と言う事と「個人戦だけじゃなくチーム戦の枠組みも…」なんて感じ。
  
これらを踏まえた上で「どんなふうにしたら更に面白いのかな…」と、あれこれと無い知恵を絞っているところではありますが、我慢できずついついこんなバナーを作ってしまいました!
  
sign.jpg

  
でもこれ、こちらで勝手に作っただけのモノなので、まだボート屋さんにも話ししてませんので、アンオフィシャルなものとして現状は記憶の範囲に留めておいて下さいね!
  
で、チーム分けの辺りをどうしようかと迷っているのですが…
なんとなく…
「表層縛り組」〜トップウォーター縛り(フロッグ縛り又はトップのハードルアー縛り)
「硬いの縛り組」〜ハードルアー縛り(クランク縛りとかビッグベイト縛りとか…)
「柔らかいので縛り組」〜ワーム縛り(テキサス縛りとかダウンショット縛りとか…)
何人くらい集まるのかは分からないけど、こんな感じが面白いんじゃないかな〜と、今のところ考えています。
  
で、こういうところで書いていいのか分かりませんが…
一人2,000円程度のエントリーフィーを頂いて、最大魚を釣った総合優勝者に合計の半分を、残りの半分を優勝チームに配当…
細かい事は別にして、大まかにはそんな感じで考えてます。
新年の大会ですんで、何かしらでチャンスも多い方が良いでしょうし、個人だけでなくチームという概念で釣りをするのも面白いんじゃないかと。
  
日程やルールを含め、どんな感じにして行くのか…
年内には発表できる様にしたいと考えてますんで、とりあえず記憶の片隅にでも置いといて下さい!
個人的には、もちろんフロッグ縛りで行かせて頂きます(笑)
  
posted by ITO-CHAN at 23:51| Comment(0) | 日記

2012年12月21日

コータからのメッセージ

アメリカに帰ったコータから写真付きのメールが届いてました。
  
「お疲れさん!アラバマへ戻ってきて、ダグと会って、お預かりしていたお金をドルに替えて渡しました。超喜んでいました。又、いとちゃんに会いたい、と話してました。ありがとうね!」
  
DSCF6462.JPG

  
ダグの具合がどうなのか詳しくは分かりませんけど、写真を見る限り、自宅にいる様だし元気そうな感じ!
とりあえず、ホッとしました。
  
文中の「預かっていたお金」というのは、オールスターの会場でライジャケのチャリティーセールをした売上金の事。
ホントならお世話になった分以上のお返しをしなければならなかったのですが、なんせ経済的に厳しくて…
ライジャケをご購入下さった方のお陰で、アメリカにいるダグのお役に立てたという次第です。

どなたか分かりませんが、ライジャケをご購入下さり本当にありがとうございました!
  
posted by ITO-CHAN at 22:45| Comment(0) | 日記

2012年12月20日

エキサイティングな夜!

昨夜は釣り人達の忘年会「釣無会SP」と言う事で、なんとも楽しい時間を過ごさせて頂きました!
年末時期な上に平日開催と言う事で、人が集まるのかちょっと心配もありましたけど…
一次会と二次会合わせて14名もの方が来て下さり、最終的には朝の5時まで…釣り談議で盛り上がりました!
ご参加下さいました皆様、楽しい時間をありがとうございました!
一番楽しんじゃったのは、主催者の私かもしれませんが(笑)
  
P1100957.jpg

  
20代から50代と年齢層も釣り歴も幅広かった上にホームレイクも割とバラバラだったんですけど、同じイベントに参加していたりとか共通の知り合いがいたりとか、話しが進んで行くに連れ共通の何かが必ず見付かったりするもんで、初対面でもあっという間に仲間になれちゃうんですよね!
「釣り」という共通言語には凄いパワーがあるなと、つくづく感じちゃいました!
  
メインイベントのオークションでは、新品未使用の高級ロッドが出展されたりして、まあホントにエキサイティングでしたよ〜!
ラストのじゃんけん大会では、主催者が勝ってしまうなんて大番狂わせもあったりしましたが…
ガチの勝負なんでご勘弁下さい(笑)
  
しかし、釣り竿を握ってなくてもコレだけ楽しめるんですから、釣りってホントに良い趣味ですよね!
眠くさえならなければ、いつまででも話ししちゃえますもんね!
今回は忘年会なんで年に一度しかできない訳ですけど、こうした飲み会はもっともっとやりたい!
情報も共有できるし、なんと言っても気軽に話せる仲間が増えるのは嬉しいんでね!
頑張ってこういう機会を増やして行こうと思います!
  
そうそう、今回会場にさせて頂いた「静岡 おでん 立ち呑み ガッツ」さん、本当にありがとうございました!
店の雰囲気も最高に良かったですし、名物のおでんはもちろん、どれを食べてもホントに美味かった〜!
地元と言う事もありますけど、今後はプライベートでも寄らせて頂きま〜す!
12月26日にオープンするそうなんで、高田馬場に来られた際は是非お立ち寄り下さいね!
  
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(0) | 日記

2012年12月19日

極寒の水中撮影…

只今深夜2時過ぎ…
やっと全ての収録を終えました…
杉戸船長、お疲れ様でした!
ホントよく頑張ったね〜!

午前中、極寒の中の水中撮影に始まり、夕方からはスタジオでの収録…
こちらにとっても、色んな意味でとってもシビれた一日でした〜!
  
526009_115598841940904_1037586694_n.jpeg

  
この写真、水中撮影を終えた直後のものなんですけど、寒さで手足の感覚が無くなってしまい、ほぼ動けない状態の画!
なかなか見れない貴重なスナップですよ(笑)
  
と言う事で、明日…じゃなくて、今日のお昼頃の新幹線で東京に戻ります!
もちろん、釣無会(忘年会)にはちゃーんと間に合いますんで、ご参加予定の皆様、ご心配無く!
ちょっと変なテンションで行く事になるかもしれませんが…ま、楽しい夜を過ごしましょう!
  
では!
少し寝ます…
  
posted by ITO-CHAN at 02:39| Comment(0) | 日記

2012年12月17日

豪華夜行バスで琵琶湖入り!

年末押し迫ったこの時期に、水中カメラマンとしてお呼びがありまして、今朝から琵琶湖入りしています!
いくら身体に脂肪を蓄えているからとは言え、やはりこの時期の水中ともなると命懸け…
ま、ウエダー履いてせいぜい腰まで程度の撮影なので、死ぬ様な事は無いと思いますけどね〜(笑)
明日の本番は気合いで乗り切ろうと思います!
  
さて、今回の撮影は急に決まった事もあって安価な夜行バスの席が予約できず、普段乗る事の無い高級な夜行バスに乗って京都まで来ました。
WILLER EXPRESS のコクーンタイプという便で、下の写真の通り、シートはシェル型パーテーションで間仕切りされた2列独立式になっていて、斜めに配置されているのが最大の特徴。
足も曲げずに伸ばしたまま横になれちゃうし、他の乗客と顔を合わせる事も無いし、なんとも居心地の良いバスでしたね!
  
cocoon01.jpg

  
乗り心地の良さだけでなく、各シートにはテレビや映画の見れるプライベートモニター・コンセント・テーブル・ミラー・ライト…と至れり尽くせり。
お陰で、気になっていた衆院選の報道番組も見る事が出来ちゃいました!
  
あまりの居心地の良さに、23時過ぎにはすっかり眠ってしまい、せっかくの設備もテレビ以外は殆ど使えず仕舞い…
まあ、寝れたから良いんですけどね、なんか勿体無い様な気がして…
  
お値段は、新幹線より少し安い程度…
夜行バスにしてはかなりお高いですよね…
でも、夜行バスにつきものの「翌朝の首や腰の痛み」に襲われる事も無かったので、結果的には良かったかも!
早さで選ぶなら当然新幹線ですけど、時間に余裕があるのならたまにはこういうバスもありですね!
ま、私の場合、時間以外に「お金」に余裕が無ければ選ぶ事な無いでしょうけどね!
今回は運悪くというか運良くなのか、一番安い交通手段がこれだったというだけなんで…
良い思い出になりそうです(笑)
  
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(2) | 日記

2012年12月15日

ホントありがとうございます!

実は、今日は私の43回目の誕生日。
誕生日なんて事はあまり気にしていなかったのですが、午前0時を過ぎた頃から facebook にたくさんの方から「おめでとう!」メッセージを頂いちゃいました!
この歳になって誕生日がめでたいのかどうかはさておき、ちょっと照れくさいけどやっぱり嬉しいもんですね〜!
ふと、小学生時代の「お誕生日会」を思い出してしまいました!
そんな事もあって、今日は「 facebook を始めてホントに良かった!」と、つくづく感じた一日となりました!
メッセージをくれた皆様、本当にありがとうございました!
  
gib-cake.jpeg

  
今日はそんな嬉しい一日ではあったのですが、仕事の方面ではかなりバタバタしておりまして…
明日の夜行バスにて琵琶湖へ行く事が、つい先程決まりました…
もちろん、決定では無かったもののそういう話しはあったので、ある程度の準備はしていた訳ですが、いざ行くとなれば、機材の本格的な準備はもちろん移動手段の事や留守にする間の家の事…などなど、結構やらなきゃならない事がありまして、もうなんだかひっちゃかめっちゃか状態…
明日も明日で選挙だなんだと色々あるんでね…
あ、そう言えば、今日じっくり考えるつもりだったんだけど、全然考える時間無かったな…
朝までに各党のマニュフェストをしっかり読んでおかないと…ですね!
  
総選挙の話しついでに、個人的には「増税反対」「TPP参加」「将来的に原発ゼロ」大まかにはこんな感じ。
各党の掲げる公約を判断する材料として上記の事を挙げてますが、正直なところ「経済の活性化」という部分が今の日本に一番必要な事なんじゃないかと考えています。
ただ知り得る限り、どの党も割と曖昧で具体的な策については謳ってませんからね…
なんとも悩ましいところです。
  
これからの日本がどう変わって行くのか…なんて、こんな大事な局面を夜行バスの中で過ごす訳ですが、朝目が覚めてビックリしない様な結果である事を祈るばかりです…
そう言えば…
明日の夜は「チェルシーVSコリンチャンス」もあるんだった…
翌朝早起きして新幹線で行くべきだったかも(笑)
  
posted by ITO-CHAN at 23:56| Comment(0) | 日記

2012年12月14日

こっそり視察!

視察と言っても、残念ながら釣り場の…ではありません。
12月19日開催の忘年会「釣無会 SP」の会場視察!
お店の開店準備も着々と進んでいる様で、真新しくもどこか懐かしい様な雰囲気のお店って感じ!
ホント駅から近いし、気軽に立ち寄れそうな感じ!
ますます楽しみになってきました!
  
で、会場となる「静岡 おでん 立ち呑み ガッツ」さんの場所の説明をさせて頂きますと…
まず、高田馬場駅早稲田口改札を出て、真っ直ぐ早稲田通りへ向かうとこんな風景。
  
201212141317000.jpg

  
この写真に見える、JR線路の土手とチケットショップ「大黒屋」さんの間にある路地に入り、100メートルほど進んで行くと右手に「静岡 おでん 立ち呑み ガッツ」が見えてきます。
目印は「富士山の描かれた看板」ですかね〜!
一応念のために、地図も貼付けておきます!
  
map.jpg

  
生まれも育ちも高田馬場な私ですが、この路地を入るのって学生以来かも…
馬場の中でもかなりマニアックなエリアなんで、もし場所が分からない様でしたらお気軽にお電話なりメールなり下さいね!
  
さて忘年会当日ですが、私は18時には入っているつもりです。
路地からガラス越しに店内も見えますし、この日は貸し切りになってますんで、誰か居るなと思ったら入ってきて下さって大丈夫です!
ま、誰も居なくても大丈夫だとは思いますけど…
  
年末の平日と言う事もあって、残業とか他の忘年会などなど、来れるか来れないか分からない方がとっても多い感じ。
確定しているのは今のところ10名ほどでしょうか…
お店のキャパ的には、ざっと見たところ30名は行けると思いますんで、お時間ある方は是非ともお立ち寄り下さいね!
基本、釣り人の飲み会ですけど、どなたでも参加可能ですんで、お気軽にご参加頂ければと思います!
  
そうそう、詳しくは詳細ページを見て頂きたくお願いしますが、飲み放題です!
18時のスタートから23時過ぎの閉店まで…飲み放題!
これだけはしっかりお伝えしておきます(笑)
  
posted by ITO-CHAN at 23:27| Comment(2) | 日記

2012年12月13日

ツカケンのクランキンロッド動画!

色々とありましたが…やっと完成!
ツカケンの解説によるクランキンロッド動画!
そして、つい先ほど HONEY SPOT さんのHPに公開されました!
まずはご覧下さい!
  
NORTH FORK COMPOSITES / J Custom 2.0 TECHNICAL CRANKING ROD
(動画は「HD720p」画質での再生を推奨します)
  

  
これまでグラスを推奨してきたツカケンが、惚れに惚れ込んだカーボンブランクスから出来上がったロッドだというんで、正直、動画の編集だけじゃなく是非とも使ってみたいですね!
HONEY SPOT さんでは既にこのロッドの受注を始めてるみたいですんで、欲しいと言う方はお早めに!
  
さて今回の動画ですが、ご覧の通りショップである「HONEY SPOT」さんが発信している動画。
YouTube を探せば釣り関連動画なんて山ほどある訳ですけど、ショップ側が発信している動画ってホントに少ないですよね。
10月のカルティバカップの際にツカケンに連れられて行ったのが切っ掛けで、こうした動画制作をさせて頂く流れになった訳ですが、ショップが売り物の動画を自費で制作して配布するという心意気に、なんかとっても熱いものを感じちゃってます!
特に店長の内村さん、初めて会った日から初めて会った様な気がしなくて…
今回の動画も、有り難い事に大絶賛してくれました!
きっと似た様な血が流れてるんでしょうね〜!
動画編集とかいう商売の部分はさておき、こうした熱い人に出逢えた事に感謝です!
ツカケン!ありがとうね!
  
実はこの動画、その内村さんが収録したものなんですよ。
カメラ経験は「いわゆる運動会程度…」なんて言ってましたけど、収録された素材を見る限り、ボートの上をあちこち動き回って一生懸命に撮影した感じがにじみ出てました!
初めてにしてはなかなかの腕前、九州方面で仕事があった時には代理でお願いしたいくらい!
やっぱりなんと言っても、釣りの知ってるし、好きだから撮れるんでしょうね!
土壇場でテロップ間違えちゃったりしてご迷惑を掛けてしまいましたが…
まあ、今後とも宜しくお願い致します!
  
そうそう、HONEY SPOT さんでは明日から「クリスマスセール」が実施されるみたい!
内村店長さんは「そんなの宣伝しなくてもいいですよ…」なんて言ってましたけど…
今回の動画にある「NORTH FORK COMPOSITES / J Custom 2.0」の話しも聞けると思いますんで、お近くの方は是非お立ち寄り下さいね!
  
posted by ITO-CHAN at 23:05| Comment(0) | 動画

2012年12月12日

カエルの腹はどんな色?

今日の15時頃だったかな、亀山のスーパーロコアングラー木村さんから一通のメールが…
読むと、どうやら昨日の平日大会の折にフロッグで釣果を得たみたい…なんとも羨ましいお話し!
しかも「これからがホントのフロッグの季節ですよ」なんて売り言葉が書いてあるじゃないですか!
お陰様で、少し落ち着き始めていたフロッグ魂にまたまた火がついちゃいましたよ!
でもね、年内は行ける日が見当たらないんですよ、残念な事に…
「仕事道具を全てボート屋に運び込めれば、レンダリングなどの待ち時間に釣りしたり出来るかな…」
なんて、ついつい本気で考えちゃいました!
  
そんな事もあって、休憩時間に手持ちのカエル君達を眺めたりしてたんですが…
ふと「本物のカエルの腹ってどんな色してるんだろう…」なんて疑問が…
ルアーを買う際、見栄えのする背中の色や模様ばかりを気にしていた訳ですけど、これ、よくよく考えてみれば沈まないルアーですからね、本来なら「腹側の色」を気にして買うべきですよね。
でも実際、腹の色まで全て確認できる様なパッケージは稀だし、ネットで買う際なんかはまず確認できないですもんね。
と言う事は、それほど重要なポイントじゃないのでしょうかね、カエル初心者にはなかなか分かり得ないところです。
  
カエルの腹のイメージって、ツルンツルンの真っ白とか、黒いマダラ模様とか、その辺りがパッと思い浮かぶんですけど、実際のところはどうなんでしょう。
ちょっと調べてみたところ、あながち間違ってはいない感じ。
ただ、アカガエルとなるとどんな感じなのでしょう。
  
051023_120.jpeg

  
051023_070.jpeg

  
上の写真がニホンアカガエルで、下のはヤマアカガエル。
もちろん個体によって多少の差はあるみたいですが、ニホンアカガエルはツルンとした単色系で、ヤマアカガエルにはノドから首の辺りに掛けて黒っぽい模様がある事が多い様です。
  
前回の調査で「亀山の水辺にいるのはヤマアカガエルではないだろうか…」という推測をしている訳ですが、私の持っているアカガエルカラーのカエル君は…
この事から「ニホンアカガエルカラー」である事が判明!
なんかちょっとショック…
色よりも、水押しとかポイントとか動かし方とかアプローチの方が大事なのは分かってますけど…
とにかくワンバイトを得るのが大変な釣りなんで、こういうところでのモチベーションが意外に大事だったりするんですよね…
  
来年に備えて探すかな、ヤマアカガエルカラーを…
  
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(2) | 日記

2012年12月11日

忘年会!まだまだオッケー!

先日皆様にお伝えさせて頂きました、ANGLER'S CHANNELの忘年会「釣無会SP 2012 IN 高田馬場」ですが、今回の会場としてお世話になる新規オープンのお店の名前が決まった様なんでお知らせしておきます!
  
show_image.jpeg

  
なんとも粋なロゴマークですが、どうやら「静岡 立呑み おでん ガッツ」と読む様です(笑)
静岡名物のおでんを始め、美味しい静岡料理と美味い酒…
なんとも気軽に立ち寄れそうな雰囲気ですね!
「立呑み」と言う事ですが、一応、座れる席はある様です。
ただ当日は、人数によって「半立食」な流れになるかもしれませんのでご協力を!
  
当日は、お店側のご好意で、なんと「店舗丸ごと貸し切り」になってます!
時間も、18時頃から23時過ぎまでのロングランですし、都合の付くお時間に好きなだけ飲んで楽しんで頂ける企画ですんで、都内で働く方はもちろん、ちょっと遠方からおいでの方にも参加し易い忘年会になってるんじゃないかと思います!
  
肝心の場所ですが…
実はまだハッキリした位置を確認できていません…
私の地元なんですけどね…
高田馬場駅の早稲田口を出て徒歩1分圏内…
恐らく、早稲田通りを渡って線路脇の路地を入り…
麺屋武蔵鷹虎の辺りじゃないかと…
まあ、そんな感じです。
詳しい情報に付きましては、分かり次第追ってご連絡させて頂きます!
  
そうそう、この忘年会は「どなたでも参加可能」ですよ〜!
決まったスタート時間もありませんので、都合の良い時に来て下さればオッケーです!
カルティバカップやアメドリに参加されてる様な方も、サイトをたまに覗いているなんて方も、是非是非お気軽にご参加下さいね〜!
釣り人達に囲まれて、楽しい夜を一緒に過ごしましょう!
  
posted by ITO-CHAN at 22:46| Comment(0) | インフォメーション

2012年12月10日

クリスマスに親子で見たい映画!

この時期になると大通りにあるお店の看板がクリスマスっぽくなってたりして、そんな光景を見ると「クリスマス!」というより「年末…」を感じてしまう。
我が家では、クリスマスだからと言ってツリーを飾ったりする様な事はありませんが、ケーキを食べて子供達の寝ている間にこっそりプレゼントを置いたりして…
まあ、ごく普通に最低限のイベントは行ってます。

中学一年の長男は、恥ずかしながら未だにサンタの存在を信じている様で、今年はどんなプレゼントをもらおうかなんて色々考えているみたい。
自分の時は、中学生になった年からサンタなんて来ませんでしたけどね…
一方、小学二年の次男はと言うと、何故かサンタの存在は信じていないらしい。
かといって、真のサンタの存在を知っている感じでもない…
でも不思議な事に「プレゼントは貰える!」と、変な確信はあるみたい…
どう考えたらこうなるのか、親のこちらにも検討がつかないんですけどね。

こんな感じで、クリスマスが近づくに連れプレゼントだケーキだの話しばかりなんで、今年は家族でDVDでも見てみようかと。
以前に見た映画の中で、クリスマスっぽく子供でも楽しめそうなストーリーをと言う事で「34丁目の奇跡」が良いんじゃないかと!

51OfZmoB1ML._SL500_.jpeg


この映画、1947年公開のアメリカ映画なんですが、2006年にカラーでリメイクされており、調べてみたところ、ネット通販サイトなどでは1,000円台ほどで購入できるみたい。

いわゆる「現代版おとぎ話」の様なストーリーで、ニューヨークのマンハッタンが舞台。
クリスマス時期のデパートの催しで、子供達から大人気のサンタ役の老人がいるのですが、ひょんな事から裁判にかけられる事になってしまう。
争点はというと「サンタクロースが実在するか否か…」
あくまでも常識的な検事達と、非常識だけどどこか正当性のある様な老人とのやりとりが、ユーモラスでもありジーンとくる。
「信じる事の大切さ」というか「信じる事そのものにある幸せ」なんてところがテーマの作品です。

前にこの映画を見た時は、なんかついつい感動してしまい、気が付いたらボロボロと涙を流してました。
大人でも十分に楽しめるストーリーですし、この作品を見終えた子供達が「どんな事を想い考えるのか…」なんて、子供達の考え方のベクトルを知る上でも効果的な映画じゃないかと思います!

レンタル店でも探せばあるんじゃなかと思いますんで、クリスマスに「なにかもう一つ…」と考えている方はお試し下さい!
親子じゃなくても、カップルで見ても何気に良いかもしれませんよ!
  
posted by ITO-CHAN at 23:27| Comment(1) | ほのぼの

2012年12月09日

縛られるの…結構好きかも!

なんか意味深なタイトルですが…
決して写真の様な事ではありません…
  
7.jpeg

  
先日のフロッグオンリーの様な、釣り大会における「縛り」のこと!
  
数年前から「鋼派」の様な「ハードルアー縛り」の大会などに参加させてはもらってますが、今回のフロッグみたいな狭い範囲オンリーなんて大会への参加は実は初めてのこと。
もちろん、過去に身内のトーナメントなどでは一人で勝手に「8in以上のワーム縛り」なんて事はしたことありますけどね…
  
フロッグの釣りに関する知識は全く無かったけど、大好きな亀山ダムが開催地だったし興味もかなりあったんで恐る恐る参加してみた訳ですが、全く知らなかった釣りの楽しさを知る事も出来たし、ちょっと違う側面からバスフィッシングに触れる事が出来た様な気がしています。
時期が時期なんで、タイミングとか運なんてところで大きく左右されるでしょうけど、やっぱり釣ってくる人は釣ってくるんで!
ただただそのフィールドにいるバスを釣り易い方法で釣るんじゃなく、特定のレンジに出てくる様なバスを探して喰わすという点では、かなりのゲーム性がありますもんね!
釣り上げる事だけに楽しみを感じている様な人達には分からない考えかもしれませんが、個人的にはこういう縛りのある釣り、結構好きかも!
  
個人的には、とりあえず一本獲るまではフロッグオンリーで行くつもりなんですけど、同時に「縛ってみたいジャンル」が幾つも芽生えてきたりして…
例えば、トッププラグ・ビッグベイト・クランクベイト・ミノー…なんてところかな。
トップやクランクは普段の釣りでも使っているものだけど、完全にそれだけでってのはやった事が無いんでね。
ビッグベイトはここ最近めっきり使わなくなっちゃったし、ミノーなんかは使い込んだらかなりポテンシャル高そうだし…
  
プライベートフィッシングでの縛りはもちろん、こういったジャンルの縛りで大会なんてのもやってみたいんですよね〜!
そうしたら、参加者の方々の使い方とか考え方も聞けて勉強になるし、なんだか楽しそうなんでね!
賛同してくれる方が多くいるのであれば、来年はそんな企画も考えたいとこです!
  
こんなふうに「縛り」を設ける事で、ルアー個々の持つ個性なんていうのも分かる様になるだろうし、またそんな中で新たな発見なんてのにも出逢えるはず。
釣果が著しく落ちてしまう事もあるかもしれませんが、ただただ釣れる魚を釣って過ごすより、きっと釣りそのものも上手くなる様な気がします。
だって、普段の釣りより遥かに色々考えますからね。
  
と言う事で、個人的にはまずフロッグ。
その後は、今まで釣った事の無いルアー達を一つづつシラミつぶしに釣果がでるまで使ってみようかな…
でもそれって、十年やそこらじゃ終わらないかも…
こんな感じで「ドM」なんだか「ドS」なんだか、最近自分でも良く分からなくなってきちゃいました(笑)
まあ、これはこれで楽しいから良いんですけどね〜!
  
posted by ITO-CHAN at 23:49| Comment(0) | 日記

2012年12月08日

アカガエルのお勉強…

締め切りが迫ってきているというのにも係わらず、動画のダウンコンバートに失敗…
HD画質で編集したかったのに、何故か中途半端なサイズのSD画質に…
落とし込むのに8時間も掛かったのに、更に追加で何にもできない8時間を過ごしてしまいました。
ちゃんと確認したはずだったんですけどね、まあ単なる不注意でしょう…
やっとやる気スイッチがONになったというのにね…
  
と言う事で、ダウンコンバートが終わるまでの間、前々から気になっていた「アカガエル」の事を調べてみました。
亀山ダムのロコアングラーの間では2月頃になると「アカガエルパターン」なんて言葉が飛び交っている訳ですが、正直なところ、今まで個人的には全く縁がありませんでね…
ある程度の大枠は理解しているものの、それ以上の事は全く分からないので、せめて「この生き物がどんな生態なのかだけでも知っておこう!」てな感じ。
  
調べてみたところ、アカガエルには大きく分けて3種類に分けられるみたい。
1、ニホンアカガエル
2、エゾアカガエル
3、ヤマアカガエル
  
nihonaka.jpeg

(ニホンアカガエル)

  
yamaaka.jpeg

(ヤマアカガエル)

  
1、のニホンアカガエルは、平地や丘陵地などに生息しているカエルの様で、産卵は1月頃から始まり、繁殖期が終わると5月頃まで冬眠をする。
ただ、近年は生息域が現象していて個体数も減ってきている状況。
  
2、のエゾアカガエルは、その名の通り北海道に生息している種で、見た目は他のアカガエルに良く似ている。
  
3、のヤマアカガエルは、丘陵地や山間の森林などの水辺近くに生息している種類。
見た目はニホンアカガエルにそっくりなのですが、背中の二本線(目の位置まで到達してない)や腹の模様(多くの個体の腹には模様がある)で識別する事が可能。
産卵はニホンアカガエル同様に1月頃から始まる。
土に潜らず水底で冬眠する。
  
こうした事から考えると、亀山ダムに生息している「アカガエル」は「ヤマアカガエル」である可能性が最も高い。
持っているアカガエルカラーのフロッグの腹部には、ちょっとした模様が施されているので、きっとこれもヤマアカガエルをイメージしているのではないかと思われます。
  
基礎がある程度飲み込めたところで、あとは産卵のタイミングと産卵する場所を知る事ができれば、1月とか2月といった寒い時期でもフロッグを使っての釣りを丸一日やり通せそうですね!
問題は、1月とか2月って業界的にかなり忙しい時期だという事…
それに、産卵には「雨」が絡んでくる感じなので、この時期の雨に身体というかメンタルが耐えられるかどうか…
なんとしても早いところカエルで釣果をあげたいところなんで、最速の方法となるとやっぱりコレがベストな感じでしょうね。
何事もまずは経験、いろいろと調整して挑戦しに行かないとですね!
  
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(0) | 釣りの雑学

2012年12月07日

釣り番組・視聴率の裏側…

もともとテレビ業界にいたのに、この数年というものテレビを見る機会がメッキリ少なくなっている…
どのチャンネルを回しても似た様なキャストで構成されているお笑い番組だったりクイズ番組だったり、ニュース番組でさえも各局同じ様な内容を繰り返し流しているばかりで、局自体の独自性が全く感じられない…
  
いつからこんな風になってしまったのかは分からないけど、こんな状況では「見よう!」という気にならないのも当たり前の事でしょう。
見たいなと思う番組と言うと、サッカーなどスポーツの国際試合とか、ドキュメンタリー番組とか、古い映画…なんてところだけ。
もちろん、天気予報や一部のニュース番組は時折見るけれど、それらはどちらかと言うと「惰性」で見ている感じですかね。
  
釣り仲間達と世間話しをしていると時折こういったテレビの話題になるのですが、その殆どの場合「テレビなんて殆ど見ないよね…」という方向に話しが進む。
その理由はというと、やはり「見たいと思う番組が無い」というのと「見る時間が無い」というのが殆ど。
ご存知の通り、地上波にも釣り番組が幾つかある訳ですが、誰に聞いても「見ていないね…」とか「バスの時だけは見るかな…」なんて程度。
かといって、CSやBSでの釣り番組は見ているのかと言うと、これも見ていないケースの方がどうも多い。
CSの場合、「加入はしているけど見ていない」とか「たまに見る程度」というのが多かったかな。
BSに至っては、釣り番組がある事すら知られていないというのが、どうやら現実みたい。
  
この様な釣り人間の世間話しの中での回答結果が、地域的なものなのか、釣り歴によるものなのか、年齢的なものなのか、個々のジャンル的な好みによるものなのか…、なんらかの要因がありそうな気はするんですけど、それが一体なんなのかは未だに謎…
地方に行って違う年齢層の釣り人達に同じ質問をぶつけたら、答えも違うのでしょうかね…
  
では、実際に釣り番組の視聴率ってどのくらいなのでしょう。
私が過去に携わっていた地上波の某釣り番組の場合、概ね「3%台(関東の視聴率)」というのが平均的な数値でした。
関東圏の視聴可能世帯数は「18,009,000世帯」と言われているので、仮に視聴率が3%だった場合、理論上は「540,270世帯」が視聴していたと捉える事ができる訳です。
BSや一部の地上独立局に関しては「その他の局」として扱われているので、こうした視聴率が個別に公表される事はありませんが、知り得る限り「その他の局」の数値が「1%」を越える様な事は無かった気がするので、数値(%)としては「ごく少ない」と考えるのが妥当なところでしょう。
現在の日本の総人口が1億2665万人だとして、日本の釣り人口が概ね1,000万人(かなり昔のデータですが…)だとすると釣り人口は国民全体の「約8%」と考える事が可能です。
もし仮にこの数値がある程度は信頼できるものならば、やはり「釣り人口に対して釣り番組の視聴率はかなり低い」という事に繋がりますよね。
  
実は、ここで「視聴率」に関して知っておかなければならない事が幾つかあります。
  
一つは、調査対象世帯数に関する事。
ご存知の通り、視聴率を算定するには「指標となる家庭に設置された専用の機器から得られるデータ」に基づき数値が解析される訳ですが、皆さんはこの「指標となる世帯の数」をご存知でしょうか。
関東だと600世帯、関西では200世帯…と、実はかなり少ないんです。
言い方を換えるなら、関東での視聴率が3%だった場合、指標となる600世帯の内「たったの18世帯」が見ていればこの数値になる訳で、関西であれば「6世帯」がこれにあたる訳です。
早い話し、関東では「6世帯が1%」となり、関西では「2世帯が1%」と言う事。
サンプル指標が少な過ぎるというか、これでホントに正確な統計が測れているのか、ちょっと頼りない気がするんですけどね…
  
そしてもう一つは、指標となるサンプル世帯の選出法。
民放の視聴率は「ビデオリサーチ」という会社が独自に行っていて、競合他社が無いと言うのも今ひとつ信頼性に欠けるところではあるのですが、指標となるサンプル世帯の選出法に関しても、実は、詳細には公開されていないらしい。
ただ、ある筋から聞いた話しによると、無作為に選んでいる訳ではなく「ある一定のデータに基づいてサンプル世帯を選出している」みたい。
その「ある一定のデータ」と言うのがどんなモノなのかはハッキリしないところですが、家族構成とか家族の興味や趣味とか…、そういった個々の好みがバラつき無く平均的になる様にしている…という噂。
この噂が本当なら、一瞬聞こえは良いけど、趣味に偏る様な番組の視聴率はあがるはずが無い。
「釣りが趣味=3%程度」という指針に基づいて、サンプル世帯を決めている可能性もあるという事ですからね。
  
とまあ、放送局も制作会社もスポンサーも同様に、こんな頼りない数字に振り回されているのが今のテレビ業界の現状でしょう。
数字を上げるためだけに知名度の高いタレントを起用したり、数字の高かった番組に似た様な番組を作ってみたり…
それでいて制作費は極力抑えたいとなると、ロケじゃなく局スタジオでお笑い芸人を…なんて事になってしまう訳です。
分からなくは無いけど、これじゃあ一般市民がテレビ離れしてしまうのも無理はないでしょう。
  
こと釣り番組に関しては、スポンサーや釣り人の言いなりになっている番組がとにかく多過ぎる。
釣り人として見て知りたいのは、出演者が魚を釣って「どうだ、凄いだろう!」でも「スポンサーの製品」でもなく、釣りの技術的な部分や釣り人の考え方だったり、旅をしてみたくなる様な雄大な景色だったり、知って得する様な情報とか釣り関連の雑学でしょ。
そりゃ道具の使い方なんてのも知りたい時はあるけれど、毎度毎度同じ様に新製品の紹介じゃ見ている方も辛いよね。
釣り人の自己満足みたいな番組は、地上波じゃなくネット動画とかCSでやってもらいたいもんです。
  
まあ、釣り番組に釣り関連企業だけがスポンサーしているうちは、こういった事を打破するのは難しいかもしれませんね…
  
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(0) | 日記

2012年12月06日

カエル日和か…

東北や北海道ではヒドい天気が続いている様で、暴風による被害や停電などなんとも心配なところですが、皮肉なもんで、今日の東京はポカポカと過ごし易い陽気で、日中はジャンバーも必要無い感じでした。
こんな状況の中、不謹慎な事かもしれませんが、こうも天気が良いとついついフロッグの事を考えてしまう…
「あの日がこんな天気だったら、もう少し違っていたかも…」
なんて…
大会の景品でこんなカエル君も頂いたし…
  
P1100793.jpg

  
早いところ浮かべてみたいんですけどね…
年内にリベンジできるのかどうか、業務上かなり微妙な感じになってきちゃいました…
木村さん、年内の火曜日はどうも無理っぽい感じです…申し訳ございません…
  
そうそう、興味本位で放置していたスピード違反の反則金も、千葉まで出向いて支払いしてこなきゃヤバそうだし…
こんな余計な事も含め、なんだかんだと年内のスケジュールが詰まってきちゃいました。
  
釣りに行く予定は立てられそうにありませんが、仕事ならまだまだ隙間がありますよ!
この時期ともなると収録なんてお仕事はそうそうないだろうと思いますが、映像関係なら大抵の事はやりますんでお気軽にご連絡下さ〜い!
フィッシングショー用のVTRやDVD制作も、時間的にもまだまだ十分可能ですよ!
  
posted by ITO-CHAN at 23:34| Comment(0) | 日記

2012年12月05日

朝帰り?昼帰り…

昨夜は成田で忘年会。
成田と言えば、もちろんこの人。
  
201212042315000.jpg

  
彼にとっては今年の日本の最後の夜と言う事で、楽しい仲間達を一緒に熱い夜を過ごさせて頂きました!
  
今回参加したのは桐山夫妻の他、ジャガーの鈴木さん、個人的にはカエルでお世話になっている飯塚大先輩、お母さんが美人で妹が可愛い石原君、そして今回アメリカに拉致された坂田君、かなり遅れて野村君…
結局のところ、また集合写真を撮るの忘れてしまった…
そう言えば、こんな方も会場を盛り上げてくれましたね〜!
  
201212042344000.jpg

  
居酒屋で飲んでカラオケで歌って、締めくくりに牛丼食べて軽く討論会があって…
結局、お開きになったのは朝の4時過ぎ…
カラオケ店の駐車場で少し休んで、酒々井PAで軽く仮眠して、渋滞に巻き込まれ、市川PAでまた仮眠して、また渋滞に巻き込まれ…
なんだかんだで帰宅したのは10時頃でした…
朝帰りというか昼帰りというか、なんとも微妙なところではありますが、まあホントに楽しい一夜でした!
  
と言う事で、桐山選手は今日の夕方の便でアメリカに帰りました。
今回は一緒に釣りをする時間が無かったので、ちょっと寂しい様な物足りない様なところもありますが、滞在中二度に渡り「一緒にカラオケ」なんて貴重な体験をさせてもらえたんで、妙な達成感はあったりする感じ!
よくよく考えてみれば、これだけ長い付き合いしてて一緒にカラオケボックスに行ったのなんて今年が初めてですからね〜!
アメリカじゃこんな遊びは出来ないだろうし、いいストレス発散になったんじゃないかと思います!
  
心残りは…
搭乗前、コータに電話できなかった事…
4時頃に電話するつもりでいたんですけどね…
ちょっと横になるつもりが爆睡してしまい、気付いたら夕方6時過ぎてました…
「なんで乗る前に連絡くれないいだよ!」って、メールでもしとこうかな(笑)
  
posted by ITO-CHAN at 22:37| Comment(0) | 日記

2012年12月03日

ケロケログランプリの結果!

昨日亀山ダムで開催されたケロケログランプリですが、結果から申し上げますと「完敗」でした。
それも、バイトすら一度も無かった状態なので、完封負けと言うよりノーヒットノーランの完全試合…
ならばその分、この時期の名物「紅葉」なんてのを満喫して来れたのかと言うと、実はその辺も微妙なところ。
釣りに夢中で景色を眺めている様な余裕は全くありませんで、ハイバイパスでのポイント移動中に数枚の写真を撮っただけでして…
まともに撮れてたのはこのくらい。
  
P1100763.jpg

  
もう少し広い画だったら奇麗だったかもしれませんね!
  
大会の結果の方はと言いますと、確か54人くらいの参加者がいて魚を持って帰って来たのは僅か4人。
優勝者は、なんと「55cm・2335g」なんていうまさかのクオリティーフィッシュ!
水温なんてマックスで12度程、そんな中、トップでしかもフロッグですからね!
亀山ダムのポテンシャルに、なんか感動しちゃいました!
  
今さら何を言っても言い訳にしかなりませんけど、個人的には3つの誤算がありました。
一つは、あまりの寒さに全然寝れなかった事。
マックスでマイナス3度でしたからね、軽装の車中泊にはやはり厳しいものがありました…
  
二つ目は、思いのほか濁りが入っていた事。
湖面を見るまでは、坂畑橋から医院下を重点的にと考えていたのですが、濁りを避けようと本湖方面に下る事を決め、ノムラボート辺りから投げはじめて藤林まで行ったのですが、水質は全然変わらず結果的に迷走してしまいまして…
とは言うものの、バイトを多く得た方や釣れた方の話しを聞く限り、どっちみち正解では無かったみたいなんで、いいっちゃいいんですけどね…
  
そして三つ目は、改造したフロッグが思う様な効果を発揮してくれなかった事。
何度か写真で紹介させてもらった通り、今回メインで使用したフロッグには、フッキングという観点からトリプルフックを、フラッシングと音という観点から大型&小型ブレードなんていう改造を施した訳ですが、実際に使用してみたところ、ブレードは奇麗に回転してくれるものの音を発してくれないし、トリプルフックには色んなものが絡まるしで、その調整にかなりの時間が削がれてしまいました。
しかも、スプリットリングプライヤーを忘れてたりと、踏んだり蹴ったり…
まあこれも、結果を聞く限りリアクション的な釣れ方は少なかったみたいでしたし、使っているうちに「これで釣れても満足できないんじゃ…」なんて想いが込み上げてきたりしてたんで、逆に、釣れてくれなくて良かったのかもしれませんけどね…
  
と、軽い誤算はいくつかあったものの、これが無ければ釣果に巡り逢えた訳でも無いし、個人的にはやり切った感の方が強いですかね。
ただやはり、フロッグで未だバスを釣った事が無いので「釣れるイメージが見えない」というのが一番の問題点な様な気がしてます。
エリアやポイントはもちろんの事、着水のさせ方や動かし方やポーズの取り方…
そもそも、フロッグだからこそ出逢える魚というのがどんなものなのか…
この秋からフロッグを始めた超初心者なんでね、そういった基本の部分が全然分かってないんですよね。
もっともっと経験を積んで、勉強しないとですね!
  
この大会のお陰で、フロッグという面白い釣りに出逢う事ができたのですが、簡単には釣れない厳しい時期に始めさせて貰えてホントに良かったと思っています。
釣れない時の楽しさと言うのでしょうか、「悩んでは考えて、試行錯誤してまた考える…」こういう時って、もちろん辛さやもどかしさみたいなのもあるけど、何気に楽しさの方が大きかったりしますんでね!
今がまさにそんな楽しさの絶頂にいる様な気がします。
こういう楽しさの切っ掛けを与えてくれた大場さんに感謝ですね!
  
と言う事で、ここまで来てしまったので、釣果が得られるまではフロッグをやり通すつもり。
年内にもう一度チャレンジしたいな〜!
こうした「縛りのある釣り」ますます楽しくなってきちゃいました!
フロッグ縛りに入学したばかりなのに、もう次の縛りを考えちゃったりして…
まあ当面の間は、全力でフロッグ縛りに立ち向かいたいと考えています!
  
posted by ITO-CHAN at 23:54| Comment(0) | 釣行レポート

2012年12月01日

厳しそうな気配がプンプン…

明日はいよいよケロケログランプリ!
ほぼ手を付けた事の無かったフロッグという分野の釣りにおいて、これまでアレコレと考えてきた事とか練習してきた事への評価が下される日です。
フロッグを改造しライブウエルを改良し、珍しくリールのメンテまでしてしまったので、せめて生命反応くらいは得たいところ。
概ねの方針は決めたので、あとは諦めずにやり抜くだけですね!
  
ただ、明日の予報を見ると…
朝6時の気温、氷点下3度…、最高気温、8度(正午)…
夕方以降は雨やミゾレ、だとさ…
今日の気温と比較しても、一段と寒さの厳しい日になる様でして、ますます厳しい雰囲気です。
しかもこれ、あくまでも君津市の天気予報なんで、ダム周辺は更に厳しい状態なんでしょうね、きっと。
防寒対策だけはキッチリしておかないとヤバそうです。
  
今回は「巻き」をメインに組立てる方針なので、連れて行く全てのタックルをワンランク柔らかくしました。
というか、つい先程そんな事に気付き慌ててロッドの交換をしたという有様…
  
P1100759.jpg

  
ただ、この手の釣りの経験値が浅いのと改造したフロッグの感じも分からないので、一応の3本構え。
予備でスピニングも連れて行くつもりだけど、多分使わないでしょうね…
  
無謀な釣りの様に思える今回のフロッグオンリー戦ですが、やり切らないと見えてこない事ってあると思うんですよね。
自分自身、フロッグの釣りにおいてはまだまだスタートラインにも立ててない様な状況ですが、これをやり切る事で何かが見えるんじゃないかと淡い期待を抱いています。
いつもと同じポイントで同じ釣り方して釣ったとしても、なんにも面白く無いし進歩も無いですからね…
明日、幸運の女神が微笑んでくれるかどうかは別として、しばらくはこの手の釣りを続けてみたい、そんな気分です!
  
明日は満艇らしく駐車場も心配なので、そろそろ切り上げて早めに現地に向かおうかと思います!
  
posted by ITO-CHAN at 21:43| Comment(0) | 日記