ac-top-ban.jpg

2009年08月26日

釣りを難しくしている犯人!

皆さんもご存知の通り、釣りの世界には様々単位が用いられ使用されています。
一番身近なバスフィッシングで考えても、重さの単位ではポンド・オンス、長さの単位ではフィート・インチなど、日常の生活の中では使用されない単位ばかりです。
しかもそれらの全てが十進法ではないので、感覚として身に付くまでにはかなりの時間が必要でしょう。
20年以上もバスフィッシングを楽しんでいる当方ですら、オンスの分数表現など未だに「あれ?」って考えてしまう事が多々あります。
バスフィッシングの本場であるアメリカの文化を、そのまま輸入し使用しているからこうなってしまってる訳ですが、これから始めようとしている人達にとってこれら単位は難解極まり無いものであり、「何だか難しそう…」と尻込みさせてしまってる主たる原因の一つだと考えられます。
専門用語もその一つで、日本語に訳せないルアーの名称などは仕方無いとしても、数年前から不必要に使われている横文字が多い様な気がしてなりません。
どんな趣味の世界にでも最低限は覚えなければならない専門用語はあるので、ある程度は仕方無い事ですが、せめて単位くらいは日常的な感覚の中で感じ取れるものを使用するべきだろうと思います。
特に製品パッケージなどには、必ずグラムやセンチなど身近な単位も表記してもらいたいですね!
posted by ITO-CHAN at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り業界の話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31636555

この記事へのトラックバック