ac-top-ban.jpg

2009年10月14日

アリのチカラの秘密

小さなアリ達が、自分たちより遥かに大きな獲物を担いで歩く姿を見て、「すごいチカラ持ちだな〜」なんて事を思った人は少なく無いと思います。
しかし、学者の研究によるとアリのアゴのチカラと人間のアゴのチカラを比較した場合、若干ではあるものの人間に軍配が上がる様です。
これは1平方メートルあたり、人のアゴのチカラが6〜10キログラムなのに対し、アリの場合のそれは3.6キログラムないし6.9キログラムしかないという数値的結果によるものです。
では、「どうしてあんな大きなモノを…?」となる訳ですが、その真相はアリの「体重」と「重力」にある様です。
殆ど体重の無いアリ達にとって重力は無いに等しく、体重を支えるためにも筋力が必要とされていないという事なのです。
私達人間が、自分達の世界観だけで物事を見てしまっているからこそ、アリのチカラを凄いと感じてしまうのでしょうね。
水中に住んでいる魚達の事も、たくさん誤解してしまっている事があるのかもしれません。
posted by ITO-CHAN at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣りとは無関係な話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32919265

この記事へのトラックバック