ac-top-ban.jpg

2011年03月06日

高滝湖、異常なし!

昨日はDiaryの更新をしなかったので「あの野郎、釣りに行ってやがるな!」なんて思われた方もいらっしゃるかと思いますが…図星です!
実は、某メーカーさんご一行様にくっついて…千葉県の高滝ダムへ行って参りました!

IMGP0401.jpg


今回はボートでは無くオカッパリ!
毎年最低一度は足を伸ばしている高滝湖ですが、オカッパリはお初!
普段ボート側からしか見る事の無かった景色を、陸の上からあらためて見る事ができまして、とても良い経験になりました〜!

気になる釣果はと言うと…残念ながらアタリすらありませんでした…
そもそも今回の釣行は、前記した某メーカーさんの取材のためのプラクティスでして、少しでも土地勘のある当方にオファーが…、なんて経緯だった訳ですが…
結局のところ何のお役にもたてず…ホント申し訳ございませんでした〜!

丸一日高滝湖を見て回った個人的な感想は、一部のバスはシャローへと動き始めていはいる感じですが、朝晩の冷え込みや水位を下げている事などが影響しているらしく、全体的には足踏み状態といったところなんじゃないでしょうか。
特に気になったのは、ベイトフィッシュの少なさ…
ベイトそのものの量は例年並みに「多い」と聞いていましたが、視認する事が出来たのは1日動き回ってたったの3回。
それも「一団」といった感じでは無く「数匹がチョロチョロ…」なんていう状況…
シャッド系のプラグなどで良い釣りが出来る様になるのも、もう少し先な感じですね!

それはそうと、こうして一日オカッパリをした中で凄く考えさせられた事が一つあります。
それは「釣り人のマナー」について。
この日は大半の時間を養老川にて過ごしたのですが、オカッパリアングラーが居るにも関わらず声も掛けずに通り過ぎて行くボートがいたり、更には減速もせずに走り抜ける様なボートもいました。
今まではボート側からの目でしか他の釣り人を見る事しかありませんでしたので、こういったマナーの悪いボーターがいる事に正直驚きました。
不快に感じるレベルは人それぞれ違うのかもしれませんけど、少なからず他の釣り人の邪魔にならない様に配慮をするなんていうのは、釣りをする上で最低限のマナーだろうと思います。

ボートもオカッパリも同じ釣り人、バス釣りが好きで同じフィールドに来ている仲間なんですから、互いに気を配り譲り合いの精神を持って楽しい一日を過ごして欲しいものですね!
posted by ITO-CHAN at 23:35| Comment(0) | 釣行レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]