ac-top-ban.jpg

2011年10月11日

ワイヤレスマイクの改造…

下の写真は、動画撮影の際に使用するワイヤレスマイクの受信機。

P1090180.jpg


SONYのURX-P1という製品で、今はもう既に型落ちの廃盤機種。
未だに現役バリバリで使用しているのですが、カメラ本体のマウントとマイク側のマウントサイズが合わないため、撮影の際はこの受信機をポケットとか小さなカバンの中に入れて使用していました。
とまあ、今までそんなちょっと変わった使い方をしていた訳ですけど、とくに支障も無く取り付けも取り外しもスムーズで何気に重宝しています。
強いて言うなら、カメラから受信機までの接続ケーブルが時折少し邪魔に感じるくらい。

そんな感じで気に入って使っていた機材ではありますが、先般の磯ロケに際し少々の不安を感じ改造してみました!

P1090182.jpg


写真の通り、受信機の裏側にSONYハンディーカム用のカメラマウントを取り付けてみました!
当初は写真左上にあるパーツにて、通常マウントからハンディーカム用マウントへと変換し使用するつもりだったのですが、思ったよりも受信機の位置が高くなり過ぎてしまいました。
使い易さを追求するため、もっと受信機を低い位置にと考えた結果、使わなくなっていたハンディーカム用の簡易照明(写真右)のマウントを代用する事にしてみました。
このマウントの取り外しにも取り付けにも、ちょっと手荒な加工が必要になりましたけど、結果的には奇麗に取り付ける事ができました!
既製品みたいでしょ!

で、磯の取材に際して不安に感じていた事というのは…
磯の出っ張りに引っ掛かる様な部分があると危険かも…、なんて考えてしまったから。
実際には、それ程危険な磯では無かったのでそんな心配も必要無かったのかもしれませんけどね。
備えあれば憂い無し、という事で!
カメラの重量が更に重たくなってしまったのは誤算…というか、全く考えてませんでしたけどね…

posted by ITO-CHAN at 23:54| Comment(0) | 釣りとは無関係な話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]