ac-top-ban.jpg

2012年03月04日

インフルエンザ…

金曜日の晩から長男の具合が急に悪くなり、土曜日には40度近い高熱に…
熱が高くなる前までは「ちょっと気の早い花粉症かも…」なんて思っていましたが、やはりインフルエンザでした。
こちらも、土曜の晩から今朝にかけて少々ダルい様な気分だったので「まさか?」と焦ってしまいましたが、全く病気でもなんでも無く単なる気分的なものだったみたい…

と言う事で、こちらはもちろん、長男も今ではすっかり元気な状態なのですが、一度インフルエンザという烙印を押されてしまったので、どうやら火曜日までは学校に行けないみたいです。
月曜日から確定申告に向けての作業をと考えていた矢先だったので、これでちょっとペースダウンせざるを得なさそうな気配…
まあ、好きで病気になった訳でも無いし、元気なのに登校出来ない訳ですから、長男の方がむしろ被害者なのかもしれませんけどね。

で、このインフルエンザという流行病、よくよく考えてみれば大人になってからというもの、かかった記憶がありません。
忘れているだけなのかもしれませんが…
過去に一度でも同じ型のインフルエンザにかかった経歴があると、「体内に抗体ができ、以降は発症しない」と聞いた事がありますが、今回というか今までインフルエンザに無縁だったのは、過去に発病していたり予防接種なりをしていたという事なのかもしれませんね。
か、「◯◯は風邪ひかない」の「◯◯」に該当しているのかもですね…

今回、こんなふうに身内にインフルエンザ感染者がでた事で、気になってしまったのが「感染してるしてないの判断基準は?」という部分。
要するに、身内や身近な人にインフルエンザ発症者がいる場合、自分自身に具体的な症状が現れていなければ大丈夫なのか、他の人にうつしてしまう可能性はないのだろうか…といった素朴な疑問。
発症する間に潜伏期間があるのか…、その潜伏期間はどの程度あるのか…、潜伏期間に他の人にうつしてしまう可能性があるのか…、どの時点で自分がインフルエンザに感染していないと言えるのか…
考え始めると分からない事だらけ…
まあ、医者に行って診断してもらったり相談してみるのが一番手っ取り早いのでしょうけど、そのためにわざわざ行くのもなんだか気が引けるしね…
結局、二・三日は外出しない…っていうのがオチなのかもしれませんね。

寒さが厳しい今年は、まだ暫くはインフルエンザも頑張ってくれるでしょうし、またこれからの時期と言えば花粉なども心配しなきゃならないでしょうし、釣り人にとってはなかなか厳しい春になりそうな感じですね。
病気の事だけじゃなく、首都直下型大地震も…なんて報道があったりするので、心配しなきゃならない事は山積みです。
そう考えると、税金を払うための確定申告なんて急にバカバカしく思えてきちゃったりして…
まあ、そうは言ってもやりますけどね…国民の義務ですから。
面倒な事は早く終わらせて、早いところプライベートフィッシングに行きたいもんです!
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]