ac-top-ban.jpg

2012年03月14日

フックのお手入れ!

いざフックのお手入れをしようと思うと、必ずと言っていい程フックシャープナーが見当たらない…
多分、車の中には幾つかの携帯用オイルストーンがあるはずなんだけど、車まで取りに行く様な真剣モードじゃなく、動画編集の合間だとかテレビを見ながら的な「ながら作業」程度が個人的にはベストだと思っているので、なかなかお手入れのチャンスに恵まれません。

考えてみれば、普段フィールドで釣りをしている最中にフックを研ぐという事を全くしない質の人間なので、そもそも携帯用を購入して持っている事自体が理不尽なのかもしれません…
でも、釣具店などで見掛けるこの手の品って、ほとんどが携帯用な気がします。

ならばと言う事で、先日ホームセンターに行った際、こんなのを購入してきました。

P1090878.jpg


包丁とかを研ぐ様な、いわゆる「砥石」です。
サイズがサイズなので持ち運びこそできませんが、このサイズなら無くす事もないだろうし、ながら作業には適材なんじゃないかと…

実際のところ、フックのお手入れと言っても、個人的にはやっても年に一度か二度程度。
もちろん、スピナーベイトなどのワイヤー系には、時折それらしい事をしてはいますが、頻度としてはかなり少ない方なんじゃないかと思われます。

今回のお手入れの様な場合、どちらかと言うと錆を落としてやるのがメインで、ハリ先を鋭く研ぐ…って感じではありません。
そこまであまり気にして無い…というか、そこまでキンキンにしなくても刺さるだろう…と、実はそんな程度にしか考えてなかったりします。
もちろん、爪の上に乗せてみてハリ先が滑らない…程度までは研ぎますけどね。

そんな事もあり、砥石は1000番クラスの「粗研ぎ用」をセレクトしてみたのですが、実際に使用してみたところなかなか良い感じ!
研いでいるフックが砥石に吸い付く様な…少なからずそんな感じ。
フックの内側などといった細かい部分に手を入れられないという難点はありますが、この使い心地は嫌いじゃないです。

と言う事で、これから暫くの間、フックのお手入れで使うメインはこの砥石、細かいところは台所にあった包丁用のダイヤモンドシャープナーを使う感じになりそうです。
季節的にもそろそろ本格シーズン到来って感じですんで、早めにお手入れしなくちゃですね!
posted by ITO-CHAN at 23:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]