ac-top-ban.jpg

2012年04月04日

ヒートシュリンクチューブの可能性!

特にこれと言った目的があった訳でも無く、動画書出しの合間になんとなくフックにヒートシュリンクチューブを被せてみたのですが…

P1090974.jpg


作ってみたら色んな可能性がある事に気付きました!

例えば、このヒートシュリンクチューブを利用する事でフックのカラーを変える事が可能になります!
ちょっと調べた限りでは、この類いのチューブには写真の黒の他に、白、透明、半透明、黄色、ピンク、ブルー、グリーンなどが存在しているみたい。
フックもワームの腹側と同系色である方が好ましい気がするのですが、チューブでカラーコーディネートできたりすると面白い事が起きそうな気がします!
透明や半透明のチューブの中に、ティンセルなどのマテリアルを仕込んだりしてみても面白いかもしれませんね!
特に表層系のスイミングなどフックが視覚に入り易い様な場合、セレクティブなバスに口を使わせられる奥の手になり得る気がしてなりません。

それから、シングルフックにガードを取り付ける様な加工も、このチューブを上手く使えばかなり時短できるでしょう!
ただ工程上、熱に弱いマテリアルが使えなくなってしまうので、どんな素材をガードにするのかが問題ですね。
細いピアノ線とか…どちらにしても金属系になりそうですね。

その他、ツイストロックなどの様なコイルキーパー式のフックにウエイトを搭載させる際や、小型のブレードを取り付ける様な際にも良さそうだし、ジグヘッドにワームキーパーを加工するのにも使えそう!
オフセットフックのスロート部分に施せば、簡易的なズレ防止にもなりそうだし、なんだか色々使えそう!
あとは、フックの線径にあったチューブを見付けられるかどうかってところですね!
ホームセンターを物色して色々と試してみようと思います!
posted by ITO-CHAN at 23:20| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]