ac-top-ban.jpg

2012年04月14日

JUSTER FISH 55!

先日の亀山ダム釣行用にと、JUSTER FISH 35のプロトタイプと一緒に杉戸船長におねだりして分けてもらったJUSTER FISH 55 !
まだ発売にならないのかな…

E382B8E383A3E382B9E382BFE383BCE38395E382A3E38383E382B7E383A5EFBC95EFBC95E381AEE382A6E382A8E382A4E38388-3edec.JPG


前回の亀山ではシャロークランクのサブ的なポジションで、トリプルフックは投げたく無い的なスポットを中心にノーシンカーで使用してきました。
サイズ的にもウエイト的にも完全にベイト使用!
予想以上に良い動きしてましたけど、時期的にちょっぴり早かった感じ…

実際に使用してみて、良く飛んでくれるしスキッピングはし易いし、それでいて強すぎず弱すぎずのアクションをしてくれるんで、カバーに潜んでベイトフィッシュを待ち伏せしている様なヤツにはもちろん、リアクション的な要素でも十分に口を使わせる事が可能なソフトベイトって印象を強く受けましたね!
これからのスポーン直前の時期とか、アフターの時期とか夏のカバーゲームなどなど、サイズの割には使いどころも多いんじゃないかと思います!

この手のワームで一番悩むのが使用するフックのセレクト。
ホールドの強さ泳ぎの安定感を第一に考えるのであれば、ツイストロックの4/0〜5/0ですね。
ゲープの幅が割と狭く、フッキングを心配される方もいるかと思いますが、ワームの腹部にスリットが掘ってあるので、それほどナーバスにならなくても大丈夫だろうと思います。
ただツイストロック系のフックは、どうしてもスキッピングし難い…
スキッピングをメインで考えるのであれば、前回ご紹介させて頂いた「ズレない加工」を施したオフセットフックが一番シックリくるでしょう。
個人的にはバルキースピア4/0に「ズレない加工」を施して使っています。
これならば、ゲープ幅も十分にあるし、なによりヒット時にフックポイントが出易い!
フックの自重もそこそこあるんで、従来の泳ぎも損なわない程度に安定させてくれる感じです。

ノーシンカー以外でも、テキサスリグやジグヘッドリグ、ネコリグなんかも面白そうな感じです!
カラーも45には無かった「スモークシャイナー・ウォーターメロン/レッドフレーク・ゴールデンシャイナー」などが採用されてるんで、シチュエーションに合わせてのカラーセレクトが更に楽しくなりそう!

まあ、次回の亀山釣行では確実に釣果をもたらせてくれる気がしてます!
ショップに並ぶのが待ち遠しい〜!
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]