ac-top-ban.jpg

2012年05月05日

ザリガニ釣りで感じる我が子の成長

昨日宣言した通り、今日は息子達を連れて中野区内の公園にザリガニを釣りに行って来ました!

IMGP0151.jpg


タコ糸という専用のラインが見当たらなかったので、6lbのフロロカーボンをメインラインにし、スルメイカはハリの部分をゲープ部から切断したジグヘッドに輪ゴムで括り付けるという、なんとも釣り人らしい即席の仕掛けで挑戦してきました!

正午頃から糸を垂らし1時間半ほど粘りましたが、結局、無念の収穫無し…
何度か小さなザリガニがスルメイカに乗っかってきたんですけどね…
自分の体重を支えるだけの腕力がまだ身に付いていない様で、釣れるレベルじゃ無かった感じです。

周囲のザリガニハンター達も状況は同じだった様で、時折「あ、いた!」って声だけは聞こえてくるものの「捕まえた!」ってのは最後まで聞こえてきませんでした。
例年ならゴールデンウィークともなると、真っ赤に染まったアメリカザリガニがこれ見よがしに闊歩している姿を見掛けるもんなんですけどね、今年は冬が長かったので少し成長が遅れているのかもしれません。

水中にアミを突っ込んでガサガサやる系のハンター達は、それでも多少の収穫があったようで、小型水槽の中に3〜5cmほどのザリガニを数匹捕獲していました。
ただ単純に捕まえるだけなら、やっぱりガサガサには敵いませんね…

それはそうと我が息子達、どんなにガサガサハンター達が近づいてこようと、どんなにガサガサの方が捕れようと、最後の最後まで「糸での釣り」に拘ってザリガニに向かい合ってくれました!
釣り人としての素質があるのかどうかはまだ分かりませんが、少なからず「生き物に対してガサツな態度で向かい合いたく無い」という気持ちがあった様でした。
決してガサガサを彼等の前で否定した事は一度もありませんが、小さい頃から「生き物の命は大切に!」と言い聞かせてきたので、多少なりともそんな教えが功を奏しているのかもしれませんね!
随分成長したなと、なんだか少し嬉しい気持ちに包まれた子供の日になりました。
  
posted by ITO-CHAN at 22:24| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]