ac-top-ban.jpg

2012年10月10日

東京〜福岡バスの旅

東名高速の集中工事だったり事故だったり、そんな影響もあって定刻よりも一時間遅延しましたが、今朝無事に東京の自宅に帰り着きました!
刺激的な日々から一夜明けるといつもの感じに…
最近メッキリ少なくはなったものの、昔からこんな事の繰り返し。
楽しかった旅ほど、帰ってからが虚しいんですよね。
  
今回、往復31時間の旅を共にしたのが長距離夜行バス「ロイヤルエクスプレス
  
A社の両軸リールに名前が似ているから選んだ訳でもなんでもないのですが、新宿から博多を直接結んでいるのはどうやらこの路線だけの様で、先の見えない貧乏旅には打ってつけの料金設定だったので迷わず選択させて頂いたという感じです。
このバスには4列シートのタイプと3列独立シートのタイプとがあり、今回は3列独立シートタイプを往復利用させて頂きました。
料金は出発日によっても異なる様ですが、4列の場合だと7,000円〜13,600円(片道)、3列独立では9,000円〜14,600円(片道)と他の交通機関に比べてかなり割安!
ほぼ寝ている間に目的地に到着してしまうあたりは、行動派の方にとって魅力的なところかもしれませんね。
しかし、単純に15時間と考えてしまうと、普通なら十分にアメリカに行けちゃいますからね…
この時間を無駄と考えるか、それとも節約と考えるのか、その辺は利用者個々の感覚でしょうね。
また、この類いの高速夜行バスで「寝る」という事は、多少の慣れが必要な気がします。
最近は熟睡できる確率が高くなってきてますが、時と場合によっては一睡も出来ないなんて事、やっぱりありますんでね。
  
ここで考える必要のあるのは最近流行のLCC(ローコストキャリア)ですよね!
海外への渡航であれば、他の交通機関との比較をする余地なんてありませんけど、国内ならば考えない手はありません。
仮にジェットスターの成田⇒福岡便の最安値だと、5,090円。
これがエアアジアジャパンだと、5,180円。
そしてスカイマークだと、7,800円…
これらが実際にいくらで確保できるかによっては、成田までの交通費を考えてもバスより安く行ける可能性は十分あります。
ただ、私の様な仕事をしていると、機材などといった預け入れ荷物も普通より多いですし、天候や釣況によってギリギリでの日程変更をせざるを得ない事が多々あったりします。
実際にどれだけのコストが掛かるのかは、その時その時でかなり違いが生じるでしょう。
そういう意味では、夜行バスの方が安心感はある気がしますし、分かり易いですかね。
  
まあでもこうして考えてみると、遠いと思っていた九州も2万円ちょっとあれば十分に行って帰ってこれちゃうんですよね!
ホント便利な時代になりました!
機材とか釣具の運搬という課題は若干残りますけど、以前よりはグンと身近になった事は間違いないでしょう!
こういうツールを上手く利用して、今回の九州はもちろん、いろんな地域にイベントやら取材やら行きたいですね!
  
posted by ITO-CHAN at 23:40| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
TU73EZの部屋管理人です。
ロイヤルバスの画像は私が撮影したものです。
画像の無断使用はお断り致します。
Posted by TU73EZ at 2014年02月23日 03:40
大変失礼致しました!
申し訳ございません!
画像削除致しました!
Posted by ITO-CHAN at 2014年02月25日 16:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]