ac-top-ban.jpg

2012年12月03日

ケロケログランプリの結果!

昨日亀山ダムで開催されたケロケログランプリですが、結果から申し上げますと「完敗」でした。
それも、バイトすら一度も無かった状態なので、完封負けと言うよりノーヒットノーランの完全試合…
ならばその分、この時期の名物「紅葉」なんてのを満喫して来れたのかと言うと、実はその辺も微妙なところ。
釣りに夢中で景色を眺めている様な余裕は全くありませんで、ハイバイパスでのポイント移動中に数枚の写真を撮っただけでして…
まともに撮れてたのはこのくらい。
  
P1100763.jpg

  
もう少し広い画だったら奇麗だったかもしれませんね!
  
大会の結果の方はと言いますと、確か54人くらいの参加者がいて魚を持って帰って来たのは僅か4人。
優勝者は、なんと「55cm・2335g」なんていうまさかのクオリティーフィッシュ!
水温なんてマックスで12度程、そんな中、トップでしかもフロッグですからね!
亀山ダムのポテンシャルに、なんか感動しちゃいました!
  
今さら何を言っても言い訳にしかなりませんけど、個人的には3つの誤算がありました。
一つは、あまりの寒さに全然寝れなかった事。
マックスでマイナス3度でしたからね、軽装の車中泊にはやはり厳しいものがありました…
  
二つ目は、思いのほか濁りが入っていた事。
湖面を見るまでは、坂畑橋から医院下を重点的にと考えていたのですが、濁りを避けようと本湖方面に下る事を決め、ノムラボート辺りから投げはじめて藤林まで行ったのですが、水質は全然変わらず結果的に迷走してしまいまして…
とは言うものの、バイトを多く得た方や釣れた方の話しを聞く限り、どっちみち正解では無かったみたいなんで、いいっちゃいいんですけどね…
  
そして三つ目は、改造したフロッグが思う様な効果を発揮してくれなかった事。
何度か写真で紹介させてもらった通り、今回メインで使用したフロッグには、フッキングという観点からトリプルフックを、フラッシングと音という観点から大型&小型ブレードなんていう改造を施した訳ですが、実際に使用してみたところ、ブレードは奇麗に回転してくれるものの音を発してくれないし、トリプルフックには色んなものが絡まるしで、その調整にかなりの時間が削がれてしまいました。
しかも、スプリットリングプライヤーを忘れてたりと、踏んだり蹴ったり…
まあこれも、結果を聞く限りリアクション的な釣れ方は少なかったみたいでしたし、使っているうちに「これで釣れても満足できないんじゃ…」なんて想いが込み上げてきたりしてたんで、逆に、釣れてくれなくて良かったのかもしれませんけどね…
  
と、軽い誤算はいくつかあったものの、これが無ければ釣果に巡り逢えた訳でも無いし、個人的にはやり切った感の方が強いですかね。
ただやはり、フロッグで未だバスを釣った事が無いので「釣れるイメージが見えない」というのが一番の問題点な様な気がしてます。
エリアやポイントはもちろんの事、着水のさせ方や動かし方やポーズの取り方…
そもそも、フロッグだからこそ出逢える魚というのがどんなものなのか…
この秋からフロッグを始めた超初心者なんでね、そういった基本の部分が全然分かってないんですよね。
もっともっと経験を積んで、勉強しないとですね!
  
この大会のお陰で、フロッグという面白い釣りに出逢う事ができたのですが、簡単には釣れない厳しい時期に始めさせて貰えてホントに良かったと思っています。
釣れない時の楽しさと言うのでしょうか、「悩んでは考えて、試行錯誤してまた考える…」こういう時って、もちろん辛さやもどかしさみたいなのもあるけど、何気に楽しさの方が大きかったりしますんでね!
今がまさにそんな楽しさの絶頂にいる様な気がします。
こういう楽しさの切っ掛けを与えてくれた大場さんに感謝ですね!
  
と言う事で、ここまで来てしまったので、釣果が得られるまではフロッグをやり通すつもり。
年内にもう一度チャレンジしたいな〜!
こうした「縛りのある釣り」ますます楽しくなってきちゃいました!
フロッグ縛りに入学したばかりなのに、もう次の縛りを考えちゃったりして…
まあ当面の間は、全力でフロッグ縛りに立ち向かいたいと考えています!
  
posted by ITO-CHAN at 23:54| Comment(0) | 釣行レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]