ac-top-ban.jpg

2013年01月05日

DoM-GP(ドMグランプリ)の詳細

1月27日開催の「DoM-GP(ドMグランプリ)」ですが、本日、おりきさわボートさんのブログでも紹介されましたので、細かいところをちょろっと書かせて頂きます。
  
DoM-GP.jpg

  
まず、この大会のコンセプトですが…
「自分の釣りに縛りを設け、新たな境地を見出そう!」というもの。
真冬のこの時期に敢えて縛りの釣りをする…
こんなところから「ドM」というネーミングにさせて頂きました!
  
「縛り」は、参加者がそれぞれ好きに決める事が可能で、これは大会当日の受付の際に申請して頂きます。
「縛りの内容」ですが、例えば「クランクベイト」とか「スピナーベイト」とか「テキサスリグ」とか「スモラバ」などと言った「リグ別」による縛り。
ワームとかプラグなんていう縛り方ではありませんので、あらかじめご了承下さい。
  
ただし、トップウォータープラグに関しては「ポッパー」「ペンシル」「ジッターバグ」…なんて分けるのでは無く、あくまでも「トップウォータープラグ」とさせて頂きます。
  
こういった「各自縛りを設けた釣り」にて、まずは個人戦を行う訳ですが、ルールとしては「最大魚一本のウエイト勝負」とさせて頂きます。
ですので、ライブウエルへの魚のキープは一人一本のみ(二名乗船の場合は二本、三名の場合は三本まで)。
複数釣れた場合は、必ずどちらかをリリースして下さいます様お願いします。
  
チーム戦に関してですが、まず、各自決めた縛りにて「赤組」「白組」「青組」の3チームに分けさせて頂きます。
チーム内の上位2本の平均ウエイトにて勝敗を決めさせて頂きます。
チーム分けの詳細は…
  
赤組:トップウォーター(トップウォータープラグ・フロッグ)
  
白組:ハードルアー(クランク・シャッド・メタル系・ワイヤー系…など)
  
青組:ワーム各リグなど(テキサス・ダウンショット・ジグヘッド・ラバージグ…など)
  
ビッグベイトに関しましては、ハード系ならば「白組」、ソフトマテリアルなら「青組」とさせて頂きます。
テール素材など、一部がエラストマー系ソフトマテリアルの場合ですが、これについてはハードと見なし「白組」と致します。
ラバージグ及びチャターベイトは、トレーラーの有る無しに係わらず「青組」とさせて頂きます。
なお、アラバマリグの使用は認めますが、フックは必ず「オフセット系のフック」又は「オフセットセッティング」にてご使用下さい。
  
個人戦及びチーム戦の勝者には「素敵なプレゼント…」を進呈させて頂きます。
この「素敵なプレゼント」が何なのか…ハッキリ記載できないというところでお察し頂ければと思います。
  
現状、特に協賛品を募る様な事はしておりませんので、今のところ「景品類」はございませんが、おりきさわボート様より参加者の皆様に「たくあん」を一本づつ参加賞としてご提供下さるそうです!
またこちらからは、参加人数に応じてになりますが「ルナタルト(ホール)」を抽選でお持ち帰り頂くつもりです!
  
まあ、飲み会での雑談をそのまま大会にしてしまった流れですので、この程度でどうかご勘弁下さい…
それと、一応こちら ANGLER'S CHANNEL が主催をさせて頂く訳ですが、当方も選手として参加しますんで、参加者全員がある意味「スタッフ」という気持ちでご来場頂けると助かります。
皆で協力して楽しい一時を過ごしましょうね!
  
posted by ITO-CHAN at 23:58| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
縛りと組み分けの関係がよくわからんね〜(^_^;)
釣りでの縛りは縛り、チーム分けはある程度まとめてって事かな?
Posted by masami iizuka at 2013年01月06日 02:29
飯塚さん

チーム分けですが…

自分の選んだ縛り…、例えば「フロッグ」を選んだ場合は、自動的に「赤組」に振り分けられる…と言う事です。

まあ、個人戦のオマケ…言わばボーナスみたいな要素とお考え頂ければ良いかと思います。

結果的にチームの人数は、多いところもあれば少ないところも出てくるでしょう。
それでもチーム賞として「素敵なプレゼント」がありますんで、自分が「どんな縛り」にして「どのチームに所属する」のか、その辺で勝負の行方も変わってくると言う事です。
  
飯塚さんみたいに「個人」で勝機のある方は、あまり考える必要の無い部分かと思いますけど、私の様な者にはこうしたタナボタ的な部分があると更に楽しくなりますんでね(笑)

まあ、チーム分けはあくまでも結果論ですので、とりあえずはご自分で貫きたい「縛り」を最優先で大会に臨んで頂ければと思います!
Posted by ITO-CHAN at 2013年01月06日 09:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]