ac-top-ban.jpg

2012年12月03日

ケロケログランプリの結果!

昨日亀山ダムで開催されたケロケログランプリですが、結果から申し上げますと「完敗」でした。
それも、バイトすら一度も無かった状態なので、完封負けと言うよりノーヒットノーランの完全試合…
ならばその分、この時期の名物「紅葉」なんてのを満喫して来れたのかと言うと、実はその辺も微妙なところ。
釣りに夢中で景色を眺めている様な余裕は全くありませんで、ハイバイパスでのポイント移動中に数枚の写真を撮っただけでして…
まともに撮れてたのはこのくらい。
  
P1100763.jpg

  
もう少し広い画だったら奇麗だったかもしれませんね!
  
大会の結果の方はと言いますと、確か54人くらいの参加者がいて魚を持って帰って来たのは僅か4人。
優勝者は、なんと「55cm・2335g」なんていうまさかのクオリティーフィッシュ!
水温なんてマックスで12度程、そんな中、トップでしかもフロッグですからね!
亀山ダムのポテンシャルに、なんか感動しちゃいました!
  
今さら何を言っても言い訳にしかなりませんけど、個人的には3つの誤算がありました。
一つは、あまりの寒さに全然寝れなかった事。
マックスでマイナス3度でしたからね、軽装の車中泊にはやはり厳しいものがありました…
  
二つ目は、思いのほか濁りが入っていた事。
湖面を見るまでは、坂畑橋から医院下を重点的にと考えていたのですが、濁りを避けようと本湖方面に下る事を決め、ノムラボート辺りから投げはじめて藤林まで行ったのですが、水質は全然変わらず結果的に迷走してしまいまして…
とは言うものの、バイトを多く得た方や釣れた方の話しを聞く限り、どっちみち正解では無かったみたいなんで、いいっちゃいいんですけどね…
  
そして三つ目は、改造したフロッグが思う様な効果を発揮してくれなかった事。
何度か写真で紹介させてもらった通り、今回メインで使用したフロッグには、フッキングという観点からトリプルフックを、フラッシングと音という観点から大型&小型ブレードなんていう改造を施した訳ですが、実際に使用してみたところ、ブレードは奇麗に回転してくれるものの音を発してくれないし、トリプルフックには色んなものが絡まるしで、その調整にかなりの時間が削がれてしまいました。
しかも、スプリットリングプライヤーを忘れてたりと、踏んだり蹴ったり…
まあこれも、結果を聞く限りリアクション的な釣れ方は少なかったみたいでしたし、使っているうちに「これで釣れても満足できないんじゃ…」なんて想いが込み上げてきたりしてたんで、逆に、釣れてくれなくて良かったのかもしれませんけどね…
  
と、軽い誤算はいくつかあったものの、これが無ければ釣果に巡り逢えた訳でも無いし、個人的にはやり切った感の方が強いですかね。
ただやはり、フロッグで未だバスを釣った事が無いので「釣れるイメージが見えない」というのが一番の問題点な様な気がしてます。
エリアやポイントはもちろんの事、着水のさせ方や動かし方やポーズの取り方…
そもそも、フロッグだからこそ出逢える魚というのがどんなものなのか…
この秋からフロッグを始めた超初心者なんでね、そういった基本の部分が全然分かってないんですよね。
もっともっと経験を積んで、勉強しないとですね!
  
この大会のお陰で、フロッグという面白い釣りに出逢う事ができたのですが、簡単には釣れない厳しい時期に始めさせて貰えてホントに良かったと思っています。
釣れない時の楽しさと言うのでしょうか、「悩んでは考えて、試行錯誤してまた考える…」こういう時って、もちろん辛さやもどかしさみたいなのもあるけど、何気に楽しさの方が大きかったりしますんでね!
今がまさにそんな楽しさの絶頂にいる様な気がします。
こういう楽しさの切っ掛けを与えてくれた大場さんに感謝ですね!
  
と言う事で、ここまで来てしまったので、釣果が得られるまではフロッグをやり通すつもり。
年内にもう一度チャレンジしたいな〜!
こうした「縛りのある釣り」ますます楽しくなってきちゃいました!
フロッグ縛りに入学したばかりなのに、もう次の縛りを考えちゃったりして…
まあ当面の間は、全力でフロッグ縛りに立ち向かいたいと考えています!
  
posted by ITO-CHAN at 23:54| Comment(0) | 釣行レポート

2012年11月09日

亀山!カエル咲き、ならず…

今日の亀山、完敗です!
気持ち良いほどに何事も起きませんでした!
と言う事で、まずは亀山ダムの奇麗な景色をどうぞ!
  
P1100653.jpg

  
フロッグゲームの「何か」を見付けようと「フロッグ縛り」という無謀な挑戦をしてきた訳ですが、分かった事と言えば「今日のやり方では釣れない」と言う事だけ。
現に、本日ご一緒させて頂いた飯塚さん、サイズはともあれフロッグで3本獲ってますんでね…
フロッグのサイズなのか色なのか、それとも使い方なのか…
時間帯なのかエリアなのか…
更に深く迷宮入りしてしまった感じです。

今回は、前回との差を感じるためにと、メインエリアを「岩の上島(北側)」と「坂畑の筋」に絞り、前回同様にオーバーハングやブッシュカバーなどの「夏的なシチュエーション」を徹底的に探ってきました。
水温は全体的に先週よりも1〜2度ほど低く、前回ところどころに見えていたギルの姿は一切見る事ができませんでした。
一日を通して、小バスかギルの表層アタック系バイトが3回、ギルがブレードやフェザーを突ついたり引っぱったりというのが10回ほどと、良くも悪くも生命反応はたったこれだけ。
天気も良く、ポカポカ陽気で釣りのし易い一日だったんですけどね…
あらためて、この時期のフロッグの難しさを思い知らされました。
  
ただ一つ言える事は「やっぱりフロッグは楽しい!」って事ですね!
これだけ生命反応が無くても、最後の一瞬まで諦めずに楽しく釣りを続けられた訳ですから!
今年、あと何回釣りに行けるか分かりませんが、今年一杯はフロッグに拘って釣りをして行きたいと考えています。
やっぱり、もっともっとフロッグのアレコレを知りたいんでね!
  
最後に、亀山名物「ルナタルト」と戯れる飯塚さんの画で締めくくらせて頂きます!
飯塚さん、今日は本当にありがとうございました!
  
P1100657.jpg

  
posted by ITO-CHAN at 23:21| Comment(3) | 釣行レポート

2012年10月30日

亀山湖!5バイト!ノーフィッシュ…

久しぶりに行って来ました!
大好きな亀山ダム!
考えてみれば、カルティバカップ以来…
亀山に行かない最長期間を更新したかも…

先日のダイアリーにも書いた通り、今日は「やりたい事だけを堪能する」ための一日。
おりきさわマー君の「昨日は砂淵でクランクが…」の一言聞いて、朝はなんとなく上流に向かいながら、ただひたすらクランキング…
気が付くと砂淵を過ぎた辺りで水温が13度台になってたので、引き返しながらソルティーコアチューブのバックスライドセッティングを堪能。

店前周辺に戻って来たところでフロッグ投入!
例の改造したタイニーポトフはかなり良い感じに動いてくれました!
ただ、濃いカバーにブチ込むとどうしてもアシストフックが引っ掛かってしまうので、アシストフックは取り付けずに使用する事に決定!

で、もう一つのBASHO FROGですが…
二投目から何故だか浮かない…
ブレードを下にして垂直にゆっくり沈んで行く…
水を抜いても抜いても、何度やっても同じ状態…
説明書きは良く読まずに購入したのですが、これって沈むモデルなのかな…
って言うか、中空フロッグを沈ませる必要があるのかな…
それともただ単に設計ミス?使い方の問題?なんだろう?

と、BASHO FROGのお陰でかなり無駄な時間を過ごしてしまったので、ならばと言う事でスリザークに変更!
岩の上島周辺を流していた際、この日初のバイトがあったんですけど、どうも魚のサイズが小さかった様で乗せられずすっぽ抜け…
どうもこれで変なスイッチが入ってしまいまして、この後はフロッグオンリー!
タイニーポトフ改に切り換え、岩の上島で1バイト、医院下で1バイト、坂畑の筋で2バイト…
どのバイトもトリプルフックの付いたポッパーなら完全に釣れてる様な感じだったんですけど、ポッパーで釣っても意味が無いというか、どうしてもフロッグで釣りたくて、結局最後までやり通しちゃいました…
でも最後の二発は、完全に魚体が見える様なバイトで、目測では35up&40upと、完全に丸呑みしてるはずなんですけどね…、どうして乗らなかったのかが不思議なくらい。
いやぁ、フロッグはホントに奥が深い。
次回はフロッグだけで一日を過ごしてみようと思います。

と言う事で、魚の写真ネタが無かったので、おりきさわボート店でのスナップを!
  
P1100628.jpg

  
ボート屋を閉めてスナックを始めた…訳ではありません(笑)
10月の初旬からランチを再開したらしく、店内に立派なカウンターができてました〜!
これからの湖上は特に暖かい食べ物が欲しくなる季節になるので、こうして店内で暖かいものが食べれるのは嬉しいですね〜!
これでやっとコンビニ弁当を卒業できますね〜!
次回からはしっかり利用させて頂きます!

釣果こそ無かったものの、自分のやろうと思っていた事以上の事が果たせた気がしています!
楽しい一日をありがとうございました!
  
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(1) | 釣行レポート

2012年06月25日

H-1亀山、大苦戦…

先日お伝えした通り、日曜日のH-1GP亀山ダム戦に参戦してきました!
ホームレイクでの開催と言う事で、前日プラをするほどの久々の本気モードで臨んだのですが、状況の変化にアジャストし切れず一匹釣るのがやっとでした…
まあ普段はワームを軸に組立ててるんで、こんなもんかなというところ。

でもね、前日のプラではいい感じだったんですよね〜
トップでキロアップが4発!
ランディングで全部バレちゃいましたけど…
シャッドで200〜500gクラスを4発!
仮に全部獲れてたとしたら…
お立ち台でのコメントを考えておかないと…
ホント、恥ずかしながらそんな勘違いをしちゃう程の状況でした。

201206231524000.jpg


写真は、前日プラの際「岩の上島」で三連発した際のものなのですが、使っているのはノリーズのレイダウンミノー・ディープ。
早巻き&ジャークなんて感じで、リアクション的な使い方をメインにしてました。
大会当日の釣果も、同じルアー・同じ方法・同じエリア。
前日に練習した甲斐ありました!
お陰で命拾いした感じ!
無くしても構わない的なポジションにいたプラグでしたが、これですっかり一軍入り!
信じて投げられるルアーが増えました!

6月初旬の「鋼派」同様、こういったハードルアーオンリーの大会に参加する事で、普段やらないエリアで釣りをしたり普段使わないルアーを使わなければならなかったりするのですが、そういった局面のお陰で新たな知識を多々得る事ができた気がします。
それぞれのルアーの持つポテンシャルを更に知る事ができましたし、ルアーの使いどころなんて部分においても自分なりの指針が出来つつある様な気がします。
特に、お立ち台インタビューなどでは、釣り人のエリアやルアーのセレクトの仕方とかルアーの使い方などなど、ホントに勉強になる事ばかり。
勝ち負けじゃなく自分のレベルアップのためにも、こうした大会イベントに参加する事って大切だなと、つくづく考えさせられましたね!

まあしかし、丸々二日間真剣に釣りをしてしまうとね、すっかり身体はボロボロ…
帰路は海ほたるで仮眠でもと思ってたのですが、予定よりもかなり早く電池切れ…
アクアに乗ったところで力尽き、気付いたら2時間も寝ちゃってました!
不慣れな車中泊が効いてたのかもしれませんね〜
でもまあ、そんなのも良い思い出!
美津男さん、お疲れ様でした!&ありがとうございました!

そうそう!
7月16日開催の「Cultiva Cup」ですが、鈴木美津男さんも選手として参加して下さる事になりました!
これで益々楽しみが増えましたね〜!
鈴木美津男さん、桐山選手、杉戸船長が一緒に湖上にいる事なんて、そうそうないですからね〜!
ボートもまだまだ空いてるみたいですけど、エントリーはお早めにどうぞ!
  
posted by ITO-CHAN at 22:14| Comment(2) | 釣行レポート

2012年05月30日

昨日の亀山ダム…

昨日、久しぶりに亀山ダムに行って来ました!
結果的には、25〜40の合計5本って感じでリハビリとしては悪くない釣果だった気がします。
(詳しくはFIELD-SPYをご覧下さい)

P1100157.jpg


この日の午前中は、杉戸船長からお裾分けしてもらった「JUSTER FISH 35」をノーシンカーワッキーで水面ピクピク攻撃!
サイズの割には飛距離もでるし、なんと言っても亀山にジャストサイズで艶かしい良い動きしてくれてました!
二本目に40を釣ったところでテールが千切れてしまい、敢え無く手持ちが切れてしまった訳ですが、そのまま使えていればもっと釣果も伸びた気がしますし、スモラバのトレーラーにして中層からボトムもじっくり探ってみたかった…
ワッキーでスキッピングばかりやってたら無理も無いですよね…
逆に長持ちした方なんじゃないかと思います。

それにしても今年の亀山ダム、思ったよりも全体的に状態がバラバラな感じで、未だにネストの魚がいるなんて状況。
例年だと完全にアフター回復な時期なんですけどね、今年はかなり進行が遅れているみたいです。
一雨降れば…なんて思っていたら、この日の夕方以降は土砂降りの雷雨…
亀山湖にどれだけの影響をもたらせてくれたのかは不明ですが、今日は松下ボートのお客さんに61cmの4キロ超が釣れたなんてニュースも飛び込んできたんで、雨による良い影響が出て来てるんじゃないかと思います。

と言う事で、次の日曜日はいよいよ「GETNET CUP」ですね!
この感じなら、3本で2,400〜2,500g辺りが優勝ラインかもしれませんね!
もちろん、ロクマルなんてのも有り得ない話しじゃないですからね、一発逆転のチャンスは誰にでもありますよ〜!
雨とか風とか流れとか、そんな要素やタイミングで釣果も大きく左右されると思うので、そういった変化を味方につけられれば、きっと良い釣りができるんじゃないかと思います!
大会当日は当方も杉戸船長と一緒に湖に繰り出す予定ですんで、皆さんがどんな釣りをされるのか、こっそり勉強させて頂こうと思ってます!

エントリーもまだまだ可能ですんで、是非ともお時間ある方は一緒に亀山ダムを楽しみましょう!
詳しくはこちらをご確認下さい。
posted by ITO-CHAN at 23:08| Comment(0) | 釣行レポート

2012年04月12日

2012年の初バス!

私にもやっと春がきました!
昨日の亀山ダムにて待望の2012年初バスをようやくゲットする事が出来ました〜!
このままアフターの時期まで釣れないんじゃないかと考えてしまうほど、今年は一匹に辿り着くまで長かった…

昨日水曜日の亀山ですが、前日までの予報では「曇りのち雨、午後から強風、交通機関が麻痺する恐れも…」なんてものでした。
こちらも午後から仕事が入っていたので、曇りの間の午前勝負って感じで向かったのですが、着いて桟橋でセッティングしてたら雨がポツポツ…
結局、午前中から雨風と共に過ごす事に…

猪ノ川と医院下方面をシャロークランクとノーシンカーで…っていう組み立てで望んだのですが全く反応無く、行く予定にしてなかった「じいさんワンド」でメインにしてなかったスモラバにて釣れてしまった…
なんて、なんとも交通事故的な初バスでしたけど、ホントに嬉しい一匹でした!

IMGP0089.jpg


あんまり大きそうには見えないけど、一応、40センチジャストとまあまあのサイズ!
1/8ozのスモラバに、杉戸船長にお願いして分けてもらったJUSTER FISH 35のプロトタイプ!
ブレイク際に10秒ほど放置していたら「コン!」ってきたので、腕とかそんなのじゃなく、ほとんどワームのお陰かもしれませんね!
まあとにかく、めっちゃ良い動きしますよコレ!

結局この日は13頃まで釣りをしたのですが、手にする事ができたのはこの一匹のみ…
下船間際、店前にて同じリグでボトムを探っていた際に、明らかに50アップ的なバイト&ファイトがあったのですが、敢え無くラインブレイク…
「持ってない」の一言に尽きますね…

船から降りて仕事に戻り千葉県内を徘徊してたら、予想を超えるヒドい暴風雨に…
下船するタイミングだけは良かったみたい!
短い時間だったけど、記念すべき楽しい一日でした!
posted by ITO-CHAN at 23:57| Comment(2) | 釣行レポート

2012年03月21日

亀山ダム、完全試合!

昨日はおよそ二ヶ月ぶりとなる亀山ダムに行ってきました。
前回の一月の際はアタリすら無い完全試合だったもんで、今回はかなり気合い入れて臨んだのですけどね…
結果的には完全試合のレンチャン記録を一つ増やす事になりました。
今年の初バスはいつになったら釣れてくれるのでしょう…

日向に居ればポカポカと暖かい春を感じられる様な陽気だったのですが、午後からの風はかなり冷たく、ついついカイロの封を切ってしまったほど。
とは言え、水温が11度を超える様なエリアもあって、雰囲気的には釣れ始めても良い様な時期な感じだったんですけどね…、アタリどころか魚影すら見る事も出来なかったし、釣っている人を見掛ける事も無く、時折引っ掛かってくれる木の枝に何度か「ドキッ!」ってさせられた程度で終わってしまいました。

今回は「あわよくば」を期待してシャロー中心の組み立て。
回ったエリアは、折木沢、猪ノ川、坂畑の筋のみ。
オープンな場所はクランク・シャッド・ビッグベイトで巻き、ライトなカバーへはノーシンカー、それ以外のカバーには直リグといった感じで、徹底的にやり抜いてきたんですけどね、まだまだ水中は冬といった印象です。
もう少し水温が上がってくれていればね…、ちょっと行くのが早かったかも。

そんな厳しい状況ではありましたが、一緒に行った巻き男さんが下船間際にやってくれました!

120320_155029.jpg


朝寝坊して遅れてきて…この日の話題総取りです!
まあしかし、ホント羨ましい一本でした!
もう少し早く釣ってくれれば、こちらももう少しテンション上げて臨めたんですけどね…

かれこれ随分と長い間この亀山ダムで釣りをしてきましたが、レンチャンで完全試合っていうのは記憶にありません。
冬の時期とはいえ、少なからずアタリ程度はあったはずですからね…
今年は例年に無く冬の状態が長い…のかもしれません。
まあしかし、久しぶりの亀山ダム、本当に癒されましたし楽しかった!
今回は、次回のための偵察って事にしておきましょう!
posted by ITO-CHAN at 22:58| Comment(0) | 釣行レポート

2012年01月15日

初釣り in 亀山ダム!完封負け!

今日は運試しの初釣りと言う事で、お馴染みのメンバーに加え亀山初挑戦のミッチーの合計6人で、千葉県の亀山ダム(おりきさわボート店さん)へ行って来ました!

朝の気温はなんと氷点下3度、一日を通しての最高水温7度というかなり過酷な状況…
結果的には、予定通り…というか予想通りの全員ゼロ申告…
しかも、一日通してアタリすら無かったという完全なる完封負け…
ここまでくると、なんだか逆に清々しい気分!

念願のStream-Design DAY-2 SHADやKTWのフラットサイドも巻く事ができたし、昨年一番活躍してくれた某シャロークランクの小気味よいブルブル感も味わえたし、直リグでのカバー撃ちも堪能したし、某メーカーから無理矢理送ってもらった2種類のプロトワームの動きもマジマジと観察する事ができたし…
そしてなにより、先日記事にもさせて頂いた「真冬にフロッグ」の謎も解明できたんで、釣果はともあれ、丸一日湖上の楽しい時間を過ごす事ができました!

本当に寒さが染みる真冬の一日でしたけど、フロッグを投げている時だけは気分は正に真夏って感じで、寒い事なんてすっかり忘れてミッチーと二人で真夏の釣りに没頭しちゃってました!
亀山初挑戦の彼には、結果的になんの生命反応も感じさせる事が出来ず、なんだか申し訳ない事をしてしまいましたが、いきなりバズベイトで終いにはフロッグなんて超ストロングなスタイルを堪能してたんで、まあそれなりには楽しんでくれたんじゃないかと思います。

まあ、今年もゼロからのスタートって事ですね〜!

亀山のバス君達!また来月、リベンジに行きますんで、その際は是非、少しくらいは相手してよね!宜しくお願い致します!(参加者一同)

IMGP0062.jpg

posted by ITO-CHAN at 22:45| Comment(0) | 釣行レポート

2011年10月22日

波瀾万丈な一日@亀山ダム

深夜3時、荷物を積み込んだだけなのに既にズブ濡れ状態…、雨というか豪雨…
まさかこんなにヒドい雨になるなんて思いもしませんでした。
雨はそのまま降り続き、6時の出船時刻には一時出船見合わせになってしまった程。
少し雨が弱まってきたので7時前には出船できたものの、おりきさわボート前は激しい濁流、湖面の随所には浮き草と流木が道を塞ぎ…
ま、とにかく、波乱に富んだ一日を過ごして参りました。

IMGP0680.jpg


予告通りマキモノ中心の組み立てで臨んだ訳ですが、巻けば巻く程にゴミを拾ってしまいルアーが全く泳いでくれない…
ならばという事でワームでのカバー撃ちに切り替えたのですが、殆どの一軍ワームを置いてきてしまい、中層のフォロー用にとリグってあったネコリグを代用するハメに…

8時頃、坂畑橋付近のカバーから運良く40ジャストを確保!
KEITECH V-Tail Crawler ネコリグでのフォール中のバイトでした。

IMGP0681.jpg


この一本を切っ掛けに、片っ端からカバーと言うカバーをネコリグで撃ってく事になった訳ですが…
その後はというと「じいさんワンド」での30cm位のと「神社下」での36cmでフィニッシュ…
釣れたには釣れたけど、なんだかモヤモヤした感じ…
豪雨…と思えば急に晴れてくるし、薄着で来すぎてヤバいな…と思えば暑くて汗が吹き出るし、水位が急上昇してるな…と思えば知らぬ間に1m程減ってるし、ゴミ溜まりを避けて通ったのに…いつの間にかゴミに囲まれてるし…
そしてなにより、結果的には秋の釣りというより夏の釣りになっちゃったし…
そんなこんなで、久しぶりの亀山ダム釣行は「とってもレアな一日」になっちゃいました。
もちろん、十分に楽しみましたけどね!
出来る事なら、やっぱり普通の日に行きたいものです…

posted by ITO-CHAN at 22:54| Comment(0) | 釣行レポート

2011年08月16日

昨日の高滝釣行を振り返る…

昨日は久しぶりの高滝湖!
ダイアリーにも書いた通り色々な事が在りはしましたが、楽しい一日となりました!
今回の釣行は、高滝湖初挑戦となる野村君のバックシートでの釣り。
と言う事で、ピンスポット的な釣りは捨て広範囲に探りながらの釣りをメインに組立ててみました。
準備したのは以下の5タックル。
キャロ、トップ&マキモノ、ジグヘッド&スモラバ、ダウンショット、予備的にテキサス。

昨日の高滝湖の様子はと言うと、本湖の水温30度前後、養老川上流域水温27度、水位は60センチ程減水、本湖の水質はアオコが引っ掻き回されバスクリン状態、一日中やや強い南西の風…そんな感じでして、お世辞にもグッドコンディションとは言えない状況。

まずは定番の加茂橋西詰めの道路跡周辺。
GET NET的な要素も考え、JUSTER HOG 23のダウンショットからスタートしましたが、普段この手の釣りを全くやらないので数投で飽きてしまいマキモノに変更。
この場で実績のあるシャロークランクをセレクトしてみたのですが、思いの外減水していてボトムノックしてしまう状況。
ダウンショットを続けていた野村君にも生命感は感じられなかった様なので、古敷谷ワンドへ移動。

様子を見ながらショアラインのカバー周辺をダウンショットで探って行く。
ギルらしきバイトはあるものの、その他全く異常なし!
古敷谷川上流域をチェックしたかったのですが、減水の影響で堀込橋にすら辿り着けませんでした。
堀込橋下カーブ周辺のカバーにて、野村君がナイスギルをゲット!
ちょっと羨ましい気分に…
ここでもシャロークランクやシャッドなど横系の釣りを随分してみたのですが、結果的にノーバイトノーフィッシュ。
ただ周囲を見ている中で、オープンなエリアで釣りをしていた人は数本のバスを釣っていましたね。
多分シャッドかなにかのスモールプラグだろうと思います。

その後は境橋スロープへ。
ここもかなり減水が影響していて、沖の殆どがサンドバーになってしまっていてなんだかとても狭く見えました。
スロープの延長だろうエリアの風下側をダウンショットで探っていると、ポツポツとギルらしきバイト。
こんなギル遊びを数回繰り返していたところ、ラインが少し動いた様な気がしたのでアワセてみると41.5センチのガリガリ君が釣れました!

P1080909.jpg


使っていたのはJUSTER HOG 23のダウンショットリグで、フックはカルティバツイストロックフィネスの8番。

実はこの魚を釣った際、なんだか妙に慌ててしまってボートの上でコケてしまいました…
恥ずかしい…
コケた事で更に慌ててしまい、41.5センチのバスを51.5センチと測り間違い、とんだ糠喜びをしてしまいました…
いま思えば、この時既に右肩の痛みはピークに達していた感じです。
とりあえずノーフィッシュを免れた事で、このままフィニッシュしても良い気分になっていました。

その後ギルの反応すら無くなり、養老川方面へ移動。
ただ、本湖東側は減水の影響でかなり浅く境橋より南側はサウザーでは進めませんで、UFOワンド側からサンドバーをぐるっと回って養老川に入らねばなりませんでした。
このまま減水が続くと、レンタルボートでも養老川には行けなくなりそうな感じですね。

なんとか養老川に入ったものの、ところどころ浅瀬があって思う様に進めませんでした。
釣り公園を過ぎた辺りで野村君に待望のヒット!
30後半程の奇麗なバスでした!

P1080911.jpg


高滝の初バスゲットで満面の笑顔!
こういった素直な笑顔を見ちゃうと、ついついこちらまで嬉しくなります!

その後もどんどん上流を目指して進んで行きましたが、崖崩れの周辺から先は浅過ぎて進入できませんでした。
養老川を移動している際、何度かグッドサイズの見えバスを目撃したのですが、あの手の魚はちょっとやそっとじゃ釣れない感じでしたね。
ベイトの群れとか水の流れとか、なにかでスイッチが入ってくれないと口を使ってくれそうに無い感じ。
でもきっと、上手な人はこういうバスを釣ってくるんでしょうね。

養老川を出たところでエレキのバッテリーがダウン寸前…
ボート屋まで戻りバッテリーを借り、その後は加茂橋の北側エリアをチェックする事に。
この頃既に右腕が上がらない状態でして、痛みが激しい時はスローな釣り、痛みが和らいだら横方向の釣りと、自分自身のシチュエーションで使うタックルをセレクトするという荒技に。

両者共に一本づつというなんとも平和な状態で、最後に選んだのは大和田ワンド。
野村君、ここでまさかのラッシュ!
こちらがミシシッピーアカミミガメの生態を調査している間に、小さいながらも4・5本釣ってましたね〜!
同じ様なリグで釣っていたので、完全に腕の差が出た感じでしたね!
さすが!っていうか、現役のメンターなんでこれくらいは釣ってくれないとね〜!

まあこんな感じで、暑くて痛くて辛い釣行ではありましたが、久しぶりの高滝湖を存分に満喫できて楽しい一日でした!
この日の釣りを通して分かった事が3つ。
● バスの姿は多いけど養老川はギャンブル性がスゴく高い
● ショアラインよりも風に寄って流れの発生している沖が狙い目
● 単発のゴンというアタリはミドリガメの可能性有り
そんなところです。
水位が回復したら、また挑戦してみたいと思います!
posted by ITO-CHAN at 23:21| Comment(0) | 釣行レポート

2011年08月15日

暑くて痛くて苦しい…でも楽しい!@高滝湖

高滝湖にGET NET野村君と一緒に行ってきました!
酷暑、高水温、減水、アオコ、強風…と、コンディション的には厳しい状況でしたけど、二人ともなんとか最低限の釣果は得る事ができました。

P1080914.jpg


夏の釣りと言えば暑いのは当たり前の事で、苦しいながらも楽しめる要素ではあるのですが、今日はこの暑さ以外に大きな障害がありました。
それは「肩の痛み」です。
数年前から二日連続で釣りに行ったりすると右肩が痛くて上げられなくなる様な症状が見受けられていたのですが、ここ最近は痛みを感じ始めるタイミングが早まってきてる様でして、今日は釣り開始から3時間程で痛みを感じ始め、その1時間後には手先が痺れ、腰痛、頭痛、吐き気なんていうフルコースを味わいました。
これらの全てが「肩の痛み」による副作用なのかどうかは分かりませんけどね…

そんな身体の不具合、睡眠不足、酷暑による著しい体力の消耗、お盆の影響による高速道路の混雑…などを考え、帰路はアクアラインなどの有料道路を使用せずに下道を選択。
高速に乗ってしまうと気軽に休憩したり仮眠する事ができませんからね。
途中途中軽く意識を失いながらも、右肩の痛みの効果もあってか、なんとか2時間は持ち堪える事ができたのですが、残り15キロ辺りで限界に達しバタンキュー…
マクドナルドの駐車場で2時間程熟睡してしまいました…

そんなこんなで、暑くて痛くて苦しかったけど…楽しい高滝湖釣行でした!
釣りの内容にも様々な課題を残すこととなりましたが、今回は自分自身の身体にも大きな課題が残ってしまいました。
楽しい釣りの時間が苦痛に奪われてしまいますので、早く治さないといけませんね!
あ…釣りの事、ほとんど書いてませんね…
その辺は、また後日と言う事で!
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(0) | 釣行レポート

2011年06月26日

亀山ダムに行ってきましたが…

宣言しました通り、土曜日は亀山ダムに行って参りました!

IMGP0513.jpg


今回は、いつも一緒に行くシュウヘイさんの他、シンゴさん木本さんという「ダーツ繋がりの輪」での釣行。
シュウヘイさんも遂にエレキを購入したので、今回はシンゴさんとの初同船と言う事で、かなり張り切って行って来た訳ですが…
ギルバイトにすら巡り逢えず午前中を終え、午後から降ると予報されていた雨も降らず、下船時刻ギリギリでギル一匹と豆バス一匹釣れただけ…なんていう寂しい釣果で終わってしまいました。
この季節にこんな釣果なんて、未だかつて経験した事がありません…

詳しくはFIELD-SPYに書くつもりですが、全体的にシブかった事は確かの様ですね。
ただ、多くの釣果を目撃してますし、かなりの本数を持ち帰った方もいらっしゃる様で…自分の未熟さをヒシヒシと感じてしまった一日となりました。

まあでも、今回一緒に乗って頂いたシンゴさんには37cmのナイスバスがあがりましたし、初マイエレキのシュウヘイさんはかなりの釣果をあげ亀山ダムを満喫してくれた様ですし、全体的には楽しい釣行となりました!
次回の釣行で、今回の分を取り戻したいなと思いま〜す!
では、FIELD-SPYをお楽しみに!

posted by ITO-CHAN at 21:07| Comment(0) | 釣行レポート

2011年04月22日

久しぶりの亀山ダム、楽しんで来ました!

あの震災以来全然釣りに行く機会がありませんでしたが、やっと亀山ダムに行く事ができました!
結果的には、それなりの釣果にも恵まれましたので、早く皆様にお知らせしようと考えておりましたが、久しぶりの釣りだったせいか釣行当日の晩は帰宅直後に倒れる様に爆睡…
それもそのはず、前夜は早めに布団に潜り込んだのですが、久しぶりの亀山釣行に興奮してか、結果一睡もできませんでしたので…
そんなこんなで、すっかり遅くなってしまいましたが、FIELD-SPY に亀山ダムのでの出来事をまとめて記載させて頂きましたので、是非ともご参考にして頂ければと思います。

でこの写真、昨日の亀山釣行でのワンシーンなんですけど、付いているワームにご注目下さい!

IMGP0425.jpg


そうです!例の JUSTER FISH です!
ネイルシンカーリグでは釣る事が出来ず、オフセットフックの「ズレない加工」は無駄に終わりましたが…ジグヘッドリグで釣る事ができました!
初めて使うワームで釣れるって嬉しいですよね!
それに、水中動画などの制作にも携わってきただけに、この一本はホント嬉しかった!
杉戸船長さまさまですね〜!

今日は私の釣果情報以外にも、巻き男さんのFIELD-SPYも更新されています!
あの震災当日に亀山ダムに浮いていた数少ない人…
あの当日、亀山ダムの湖上がどんなんだったか…そんな事にも軽く触れられていますので、是非ともご覧下さい!
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(0) | 釣行レポート

2011年03月06日

高滝湖、異常なし!

昨日はDiaryの更新をしなかったので「あの野郎、釣りに行ってやがるな!」なんて思われた方もいらっしゃるかと思いますが…図星です!
実は、某メーカーさんご一行様にくっついて…千葉県の高滝ダムへ行って参りました!

IMGP0401.jpg


今回はボートでは無くオカッパリ!
毎年最低一度は足を伸ばしている高滝湖ですが、オカッパリはお初!
普段ボート側からしか見る事の無かった景色を、陸の上からあらためて見る事ができまして、とても良い経験になりました〜!

気になる釣果はと言うと…残念ながらアタリすらありませんでした…
そもそも今回の釣行は、前記した某メーカーさんの取材のためのプラクティスでして、少しでも土地勘のある当方にオファーが…、なんて経緯だった訳ですが…
結局のところ何のお役にもたてず…ホント申し訳ございませんでした〜!

丸一日高滝湖を見て回った個人的な感想は、一部のバスはシャローへと動き始めていはいる感じですが、朝晩の冷え込みや水位を下げている事などが影響しているらしく、全体的には足踏み状態といったところなんじゃないでしょうか。
特に気になったのは、ベイトフィッシュの少なさ…
ベイトそのものの量は例年並みに「多い」と聞いていましたが、視認する事が出来たのは1日動き回ってたったの3回。
それも「一団」といった感じでは無く「数匹がチョロチョロ…」なんていう状況…
シャッド系のプラグなどで良い釣りが出来る様になるのも、もう少し先な感じですね!

それはそうと、こうして一日オカッパリをした中で凄く考えさせられた事が一つあります。
それは「釣り人のマナー」について。
この日は大半の時間を養老川にて過ごしたのですが、オカッパリアングラーが居るにも関わらず声も掛けずに通り過ぎて行くボートがいたり、更には減速もせずに走り抜ける様なボートもいました。
今まではボート側からの目でしか他の釣り人を見る事しかありませんでしたので、こういったマナーの悪いボーターがいる事に正直驚きました。
不快に感じるレベルは人それぞれ違うのかもしれませんけど、少なからず他の釣り人の邪魔にならない様に配慮をするなんていうのは、釣りをする上で最低限のマナーだろうと思います。

ボートもオカッパリも同じ釣り人、バス釣りが好きで同じフィールドに来ている仲間なんですから、互いに気を配り譲り合いの精神を持って楽しい一日を過ごして欲しいものですね!
posted by ITO-CHAN at 23:35| Comment(0) | 釣行レポート

2010年10月11日

野村選手と利根川に!

201010110628000.jpg本日は、TBCの野村選手に便乗して利根川を散策して参りました!
もちろん、いい大人二人がただ単純に利根川で釣りしていた訳ではありませんが…

朝6時、待ち合わせの7時までにはかなり時間があったので、長門川を視察に行ったところ、見た事無い程に増水…
いつもオカッパリをしている場所にある水門が、冠水してしまうほどの状況でした。
利根川のスロープも1/3程が冠水している状況で、朝からなんだか嫌な予感…

出発したは良いけれど、景色が違って見える程に増水している状況…
水質も良く無く浮遊物が多い事などから根木名川へ直行!
マキモノ、ジグ、トップ、ネコリグ…などなど、二人で攻めて攻めて攻めまくったのですが、一向に反応無し…
くだらない世間話が徐々にエスカレート…そんな時間だけが過ぎて行く…
気が付くと時間は既に11時過ぎ…
P1060931.jpg普段なら浅くてボートの入れない根木名川の支流に!
この支流でこの日の初バスを野村選手がゲット!
ショアラインのカバーにて、JUSTER HOG 3.3in 5gヘビーダウンショット!
ナイスプロポーションの奇麗なバスでした!

その後、利根川本流のシャローエリアにて当方のネコリグに貧相な40弱!
よくよく見ると肛門が赤く腫れ上がっていて…
なんだかとても可哀相なバス君でした…
(写真は…可哀相なので掲載致しません)

一日を通して気になったのは、普段なら良く見掛けるはずの「ボラ」や「その他の小魚」の姿が殆ど見れなかった事です。
利根川の本流筋を走行している際にはそれなりに見掛けたのですが、支流とのジャンクションエリアや支流域では、その姿を見掛ける事はいつもよりかなり少ない状況でした。

なにはともあれ、二人仲良く1本づつのバスを捕獲する事ができ、本来の目的である仕事もキッチリと終える事もできました!
日焼けする程に暑い日だった事だけが…大きな誤算となった一日でした。
野村選手、本日は一日面倒を見て頂きましてありがとうございました!
posted by ITO-CHAN at 23:45| Comment(0) | 釣行レポート

2010年09月22日

猛暑の印旛沼!

P1060836.jpg東日本から西日本にかけ激しい残暑に見舞われた今日、印旛沼で釣り&撮影をして参りました!
同じ千葉県の茂原では36.7度を観測した様で…、とにかく暑い一日でした…

写真は今回の釣りガイドでもあり被写体でもある川嶋君。
彼のお陰でやっと印旛沼の初バスをゲットする事が出来ました〜!
全体的にサイズは小さかったものの、40センチちょいを筆頭に10本の釣果を得る事が出来ました〜!
あ…そのうちの1本はギルでした…
でも、ギル好きの当方にとっては有り難い釣果!
バス同様、ちゃんと1本としてカウント!

P1060838.jpg釣ったエリアに関しては詳しく分かりませんが、釣果的にはシャロークランクがメインになった感じです!
ギルは…もちろんシャロークランクによるものです!
今日の最大となった40センチちょいのバスは、川筋の橋脚エリアにて KEITECH V-Tail Crawker Fat のネコリグでキャッチ〜!
前回の前川での釣果に引き続き、この V-Tail Crawler のネコリグはとっても好調な感じです!

昨日のDIARYでご紹介した「ブレードを水色に塗装した Fish Head Spin」ですが、印旛の水にはなかなか良い感じでしたよ!
ちゃんとワンバイトありました!
ただやはり、ハイマッキーで塗り塗りしただけなので、色素の耐久性には問題ありそうです…
短時間の使用にも関わらず、塗料のハゲてしまった部分がありました…
ハイマッキーで塗った後、何等かのコーティングを施す必要がありそうです!

ま、そんなこんなで、釣りはもちろん収録もオールOK!
酷暑に見舞われた事以外は、全て上手く行った一日となりました!
川嶋君、今日はお疲れ様でした!ありがとう!
posted by ITO-CHAN at 23:11| Comment(0) | 釣行レポート

2010年06月15日

土砂降りの亀山ダム釣行!PART-2

昨日は、なんとかサッカーを観戦しようと、サイトの更新作業もほどほどに切り上げさせて頂いたのですが…
キックオフまで軽く仮眠をとるつもりが、気付けば朝…
歴史的瞬間を録画で見るという、なんとも無様な結果になってしまいました…
岡田ジャパン!カメルーン撃破ありがとう!

という事で、昨日の亀山ダム釣行の続きというか補足をさせて頂きます!

昨日のDIARYで「シャローフラット」「岬」というキーワードを漠然と記載させて頂きましたが、何よりも大切なのは「ベイトフィッシュ」ではなかろうかと思います。
というのも、昨日多くの釣果を上げた「白鳥島」においては、ショアラインに限らずかなり広範囲において「ボイル」を見掛ける事が多々ありました。
一方、釣果の上がらなかった似た様な「シャローフラット」では、こういった「ボイル」を見掛ける事はほぼありませんでした。

話しによれば、今年の亀山ダムは「ワカサギの孵化」がかなり上手くいったらしく、バス達も「ワカサギの群れ」と一緒に動いている傾向にある様です。
ここ最近は減水傾向にあるので、ベイトフィッシュも沢筋から本湖方面へと動いている様でした。

本来であれば、トップウォーターにも好反応を示す時期なはずですが、水温22〜23度に対して気温19〜20度といった状況では、ベイトフィッシュそのもののレンジが下がってしまいトップへの反応が薄くなっているものと考えられます。

結果的に、水深30センチ程度を泳ぐ「Cherry」にて4本の釣果があった訳ですが、おそらく水深1メートル程度を泳ぐクランクやミノーやシャッドなどを使用していれば、もう少し釣果も伸びただろうと考えられます。
また、ベイトフィッシュの絡むシャローフラットなどにおいて、スプリットショットやドロップショットなどで広範囲にズル引きなんていうのも、かなり釣果に繋がるのではないかと思います。

何れにせよ、「ローライト=トップ・サーフェス」なんていう単純な考えだけでは、そう簡単にバスには近づけない…とても勉強になった一日でした。
土砂降りの雨の中、ボートに乗ったまま12時間…
手も足もフヤケてしまい身体的には厳しい状況で臨んだ亀山ダム、低釣果ではありましたが、たくさんの事が勉強出来てホントに有意義な一日でした!
次回は是非とも「曇りの日」に挑戦してみたいと思います!

話しは変わり「7月19日大会」の件ですが、昨日現在におけるボートの空き状況をお知らせさせて頂きます!
シングル参加用12ftボート 〜 残り15艇程度
ペア参加用10&14ftボート 〜 残り7艇程度
となっております!
まだまだ余裕はありますが、満艇になり次第予約受付を終了とさせて頂きますので、参加ご希望の方は、是非ともお早めにボートをご予約して下さい!

また、大会スタッフと同船する「ノンボーター参加」は、まだまだ空きがございます!
ボート釣りの経験が少ない方、エレキなどの装備をお持ちで無い方、スタッフに釣りのレクチャーをしてもらいたい方、たまには違う人と一緒に釣りをしてみたい方、ルアー釣りやバス釣り経験の浅い方…などなど、是非ともこの機会に釣り経験豊富なスタッフと一緒に大会に参加してみては如何でしょうか!

皆様のご参加、心よりお待ちしております!
posted by ITO-CHAN at 22:24| Comment(0) | 釣行レポート

2010年06月14日

土砂降りの亀山ダム釣行!

天気予報の通り、完全に「雨」の一日でした。
トップ&サーフェスのみで一日を過ごす予定でしたが…、あまりの雨量に午前8時過ぎには心が折れ、ボックスに忍ばせておいたジグヘッドやらカットテールやらをリグってしまいました…。
IMGP0257.jpgしかしながら、結局のところ捕獲した4匹のバスは、何れも「シャロークランク」による釣果(一昨日のDIARYでご紹介した「フェザー加工したCherry」)…。
加工した「フェザーフック」の効果がどの程度あったのか…この本数では答えの出し様もありませんが、結局のところワームでは…ギルしか釣る事はできませんでした。

ローライト、本降りの雨、減水、カバーに魚気がない…、そんな厳しい一日ではありましたが、「岬周辺のポイント」「ベイトのいるシャローフラット」においてはそれなりに反応も良かったですよ〜!

カメルーン戦もそろそろ始まるという事なので…
詳しい事はまた後日、皆さんにお知らせさせて頂こうと思います!
頑張れ!ニッポン!みんなで応援しよう!
posted by ITO-CHAN at 22:27| Comment(0) | 釣行レポート

2010年05月18日

亀山ダムで快釣!

久しぶりに亀山ダムへ行ってきました〜!
本日は、3月にも一緒に亀山で釣りをした「DART-STYLEのM岡さん」、そしてtwitterで知り合った「アメリカ雑貨のTexas4619」さんご夫妻もご一緒に、亀山ダムを満喫して参りました〜!
「アメリカ雑貨のTexas4619」さんご夫妻は、急務のため残念ながらお昼上がりとなってしまいましたが…釣果にも天気にも恵まれた一日となりました。
201005180814000.jpg当方の釣果ですが、朝一番のトップで1匹、ストレート系ワームのワッキーノーシンカーで10匹程度、夕方クランクベイトで1匹と言った具合で、久しぶりの二桁釣果となりました!
本日の最大は43センチ、チョー元気なアフター回復バスでした〜!

今日の釣りのメインとなった「ストレート系ワームのワッキーノーシンカー」ですが、
使用するワームに関しては、1.ある程度のボリューム(長さ:4〜5インチ)、2.ワームの太さ(ギルがクワえられる程度の細さ)、3.フォールスピード(スローフォール)、などがキーだった様で、結果的には「フォールシェイカー」「フリックシェイク4.8インチ」「スワンプクローラー」でしか釣れませんでした。

エリア的には、1.シャローエリア又はシャローエリア隣接エリア、2.ギルの多い場所、3.日向になるエリアの日陰の場所、というのがキーになっていた様な気がします。

201005180551000.jpgトップでの釣果は結果的に「POP-X」によるものでしたが、先日ご紹介したソフト素材のトップ「YUM MONEY HOUND」にも数回のバイトがありました!
ただ…、カバーへのアプローチやフッキングを考え、カルティバツイストロック6/0を使用しましたところ、フックのウエイトが重すぎるのかヘッド方向に沈みがちな姿勢になることが多く、コントロールはとても困難な感じでした。
また、あれだけのボリュームのルアーをワームフックで仕留めるとなると…それなりのサイズのバスがバイトしてくれなければフッキングには至らないはずですので、それを良しとするのかしないのか…難しいところです。

「DART-STYLEのM岡さん」とは今回初めて一緒のボートで釣りをした訳ですが、ボイルの音が聞こえたりライズが見えたりすれば「あ〜ガマン出来ない、トップだ〜!」とか、風が吹いたりシャローフラットに差し掛かったりすれば「完全にマキモノの気分だよね〜!」な〜んて感じで、釣り欲の向くがままホントに楽しい釣りをする事が出来ました〜!
来月には「トップ縛り釣行」なんて計画も!
早く6月にならないかな〜!楽しみがまた一つ増えました!
posted by ITO-CHAN at 23:41| Comment(0) | 釣行レポート

2009年11月05日

若き利根川の精密機械!

KOTA'S AMERICAN DREAMのプラクティスと言う事で、利根川に行って来ました!
このペアトーナメントを一緒に戦ってくれる事になったパートナーは、「IN THE NATURE!」のコラムでもお馴染みTBC CLASS-1参戦中の伊藤巧さん!
利根川素人の私にとっては、この上なく心強いパートナー!
そんなこんなで臨んだ利根川ですが、前日からの急な冷え込みで朝の気温は5度…吐く息は真っ白でボートカバーには霜が降りてる状態…。
200911041505000.jpgでもまあそこは百戦錬磨の伊藤さん、こんな状況下にプラス当方の根掛かり攻撃にもめげず、2本のバスをゲット!
1本はちょうど1キロ、もう1本はなんと2キロフィッシュ!
いやいや恐れ入りました…。
もちろん当方は…でした…。
彼との釣行の中で、驚かされた事が幾つかありました。
その一つは、利根川を熟知しているという事。
タイドからエリアの水が動く時間を割り出し、その時間に合わせて撃つポイントやエリアを組み立てて行くスタイルは、まさに精密機械でした。
それと何より驚かされたのは、カバーに対するスキッピングの鮮やかさ!
今まで色んな人のスキッピングを見て来ましたが、彼のスキッピングは天下一品でしたね!
200911041329000.jpgオーバーハングの下の僅かな隙間にリズムよく滑り込んで行くそのスキッピングは、精密なだけでなくとても美しい光景でした!
いつの日か、この技術を皆さんにも映像でお披露目したいですね〜!
そんなこんなで、私自身釣果も無く足手まといな感じで終わってしまいましたが、いいモノをたくさん見せて頂き、大満足な一日でした!
posted by ITO-CHAN at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行レポート

2009年09月13日

林圭一さんと利根川に!

IMGP0112.jpg昨日のDIARYで、今日は「ある方」と利根川に釣りに行く事を書きましたが、そのある方とは写真のKEITECH林圭一さん!
林さんと言えば、当方がバスフィッシングを始めた頃は、雑誌を開けば必ず目にする様な方でして、間接的にバスフィッシングの「いろは」を教えて頂いた様な存在です。
そんな大御所林さんとプライベートで釣りが出来るなんて、考えた事もありませんでしたが…、あるんですね〜自分でもビックリです!
今日は以前のDIARYでもご紹介させて頂いた「Sexy Impact」と「STAND UP Shaky(シェイキータイプのジグヘッド)」のテストを兼ねてという事で、何故か私もこの組み合わせをメインに釣りをさせて頂いちゃいました!
林さんのお陰で、結果的に当方は3本のバスをキャッチさせて頂く事が出来ました〜!
しかも、キャッチしたバスは全て「Sexy Impact」&「STAND UP Shaky」でした!
このリグ、ホント釣れます!
実は、こっそり持ち込んだ他社製品も結構使っていたんですけどね…
林さんのお話しによると「STAND UP Shaky」は、新たなアイデアが導入され更なる進化がある様です!
この辺りの情報に関しては、今後「KEITECHさんのHP」で紹介されて行くと思いますので、気になる方は時折チェックしてみて下さいね!
まあでも、発売前も商品で釣りをするって、なんかちょっとした優越感を感じますね〜!
そうそう、昨日勢いで自作した3種類のフックですが…全く使うチャンス無しで…効果の程は分からず仕舞い…またの機会に試してみます…。
今日の釣りに関しての詳細の情報は、明日にでも「釣果情報のコーナー」に記載させて頂く予定です。
林さん、今日は一日お付き合い頂き、ありがとうございました!
posted by ITO-CHAN at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行レポート

2009年06月23日

恵まれた景色の中で…

実は、昨晩はKEITECHさんとの打合せで河口湖に行っておりまして、久しぶりに林社長とも話しをする事が出来ました。
しかし、よくよく考えると…以前には憧れを感じていたトッププロ林圭一さんと、今こうして仕事の話しをしている自分が何だか不思議でなりません…。
人の人生って、どこでどうなるか本当に分からないもんだと、つくづく感じました。

200906230958000.jpgで写真は、時間調整で立ち寄った精進湖での1枚。
一時間程度しか釣りは出来ませんでしたが、久しぶりのオカッパリ、小型ではありますがバス×2本、ギル×3本を釣らせて頂きました〜!
釣果はどれもガード脇刺にシャッドインパクト3inによるもので、シングルフックを脇から掛けて背中に抜く、いわゆるワッキースタイル。
透明度の高いクリアなレイクに周囲の緑が調和し、その奥には富士山が…なんていう恵まれた景色の中の釣りには、本当に癒されました!
ただ…ちょっと動かないでいると、数十匹の小バエが顔中に群がり、非常に釣りに集中できない状況ではあrましたね…


posted by ITO-CHAN at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行レポート

2009年05月14日

釣りに行っちゃいました〜!

P1040078.jpg久しぶりにプライベートで釣りに行ってきました〜!
行ってきたのは、過去に釣りロマンでも田辺哲男さんや塚本謙太郎さん&杉戸繁伸さん等が訪れた、千葉県の片倉ダム(笹川湖)。
この片倉ダムにはかれこれ2年程行ってなかったのですが、思いがけない釣果に恵まれ十分に堪能する事が出来ました!
詳しくは、釣果情報のコーナーに記載させて頂きましたので、是非ご覧になって下さい!
久しぶりの釣りで衰えた身体は妙な脱力感を訴えていますが、気分はすっきりリフレッシュされた感じです!


posted by ITO-CHAN at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行レポート