ac-top-ban.jpg

2013年07月04日

音楽の重要性

  
結局、昨日も更新をサボってしまった…
でも実際のところ、サボったというより出来なかったが正しいかも。
途中まで書いてたんですが、動画編集中のPCがフリーズしてしまうというハプニングに見舞われてしまいまして…
出来上がり目前だったのに、一日半前の作業に引きずり戻され、一刻を争う徹夜作業を余儀なくされてしまってました…
  
徹夜したお陰で、なんとか指定時間までに動画をアップする事はできたのですが、実は未だ処理中で、確認作業のしてもらえない状況…
午前11時前にはアップロード開始して、アップロードが完了したのは夜の8時少し前。
そろそろ23時になろうという時刻なので、正味半日、12時間もの時間が経過している事になります。
  
今回の動画は、720pのHDで18分、サイズにすると7Gbという、これまで経験した事の無いボリューム。
編集時のレンダリングや書出しに、普段以上の時間が掛かったのはまだしも、最後にこんな仕打ちが待っているとは思いもしませんでしたね。
これで修正が無ければ良いのですが…
一部でも修正があれば、丸々一日コースですね〜!
  
さて、10分を超える動画ともなると、見ている人が飽きてしまわない様にと色々な工夫をする訳で、カット割やその尺長はもちろん、テロップとかインサートの入り方とか、フォントや画面全体のデザインにも気を配らなければなりません。
特に、今回の様に「収録は別で、渡された素材から編集をする」といったケースにおいては、どうしても素材そのものに限りがありますんでね、まあ言い換えてみればパズル、今回も幾度と無く迷宮入りしそうになりました(笑)
  
動画を作る上で、カット割りやテロップ・インサートなど以上に重要なのが「音楽(BGM)」ですね!
同じ様に手を加えた動画であっても、アテる楽曲やそのタイミングによってそれらのイメージは大きく変わってしまいます。
この辺が動画制作の面白いところでもあるのですが、と同時に、一番難しいところでもあるんですよね。
  
特に我々の様な個人で、尚かつ限られた予算の中でとなると、放送局のライブラリーを使う事も出来ませんし、音楽効果さんを雇う事もできませんからね。
釣りのコンテンツとは言え、特定の企業さんからのご依頼で宣伝などの動画を作る以上、カテゴリーとして「商用動画」になる訳で、そうなると避けて通れないのが「著作権」。
YouTube とは言え、インターネット放送というグローバルな枠組みである以上、外国曲と言えども好き勝手に使う事なんて出来ませんし、ましてや個人でJASRACと契約する訳にも行きませんからね…
  
こうなると、企業が運営している個人向けのライブラリーを使用したり、著作権フリーの楽曲を購入したりして使う事になるのですが、実は、これがまた大変なんです。
金銭的に大変なのはもちろん、イメージに合う楽曲を探すのがホント大変…
100曲200曲聞いて、イメージ通りの楽曲が見付かれば、まだ「時間」という問題だけですが、実際、見付からない事の方が大多いですからね…
となると、ある程度「妥協」するか、もしくはこんなのを使って自力で…
  
apple_logic_studio.jpg

  
DTMを駆使して完全なイメージを作り上げる事は、可能と言えば可能なんですけど、これに莫大な時間が掛かる事は言うまでもないでしょう。
その道の方ならともかく、こちら、作曲に関してはまだまだ素人ですからね…
でもね、時間とかお金とかそういうのに縛られず、妥協無く自分の思う様にコダワリ抜いて作りたい…、心の奥底では、いつもこんな風に考えているんです!けどね…
  
こうした動画にアテるBGMに関して、同じ様に苦労してる方も多いだろうと思うんですよね。
著作権フリーの楽曲って、どんなに楽曲として素晴らしかったとしても、主張が強過ぎて画に合わない事が多いというの事実。
言い換えれば、動画編集をする人の立場になって制作されていないんですよね。
まあ、仕方無い事でしょうけど…
  
少し先の話しになるかと思いますが、将来的に動画用の楽曲制作を真剣にやってみようかと考えています。
実際に、今まで自分自身で撮影・編集・楽曲制作とある程度やってきてますんで、どんな楽曲が使い易いか、どんな楽曲が画を邪魔しないか、その辺はある程度分かっているつもり。
自分以外のクリエイター達も集め、楽曲だけでなくゲームとか動画素材とか静止画素材とか、そんなのを安価でダウンロード販売する様なサイトを構築したいと考えているところ。
お金儲けというより、どちらかと言えばクリエイター達の憩いの場的な感覚ですけどね!
一緒にやろうと言ってくれてる仲間もいるので、実現に向けて、もう少し具体的にアレコレ考えてみるつもり。
  
色んな動画のコンテンツなんかも、ダウンロード販売できたりすると面白いかもしれませんね〜!
  
posted by ITO-CHAN at 23:44| Comment(0) | 日記

2013年07月02日

亀山大会で何使う?

  
今やっている動画の編集がなかなか手強いパズルでして、つい先程、やっと迷宮から抜け出せそうな気がしてきたところ。
レンダリングの度に「カルティバカップ」でのリグとかポイントとか、戦略的な事をアレコレと考えてしまっているのですが、そもそも主催者に出場権があるのかどうか…
まあ主催者なので「釣りはしても良いけど順位には反映されない」なんていうお気楽スタイルで湖上に出ようかと思います!
もちろん、そんな余裕があればのお話しですが!
  
確か昨年は、迷ぴあにすとさんと一緒に乗って、私がスモラバで小バスを2本、トップで40位のを1本って感じだった様に記憶しています。
トップでの1本は、帰着直前(直後?)、桟橋脇のショアにキャストしての奇跡的な釣果だったので、パターンとしてはなかなか組み立て難いものですが…
今年に入ってからというもの、DoM-GPでフロッグ、バズベイトと、トップオンリーの釣りをしてきてますし、どれもゼロという悲しい結果しか残せてないので、個人的にはフロッグを中心にした「トップオンリー」な感じで行こうかと思います!
  
P1110020.jpg

  
まあ、荷物も少なくて済むし、たまには良いですよね!こんなのも!
って言うか、よくよく考えてみれば、去年の秋頃からというものトップしか投げてないな…
ん、と言う事は…
まだ初バスを釣ってないんでした…
ヤバ…
  
ちなみに、これまでの勝者達のパターンはと言うと…
岩盤×スモラバ・ダウンショット、岬×スモラバ・ダウンショット、上流河川のカバー×ノーシンカーなどなど。
最初の2つは「水質」にある程度のコダワリを持ってエリアを選んだ様な感じでしたね!
  
今年は渇水の心配は無さそうなので、例年とは少し違った感じになるかもしれませんね!
ある程度の水位があれば、トップでも良い釣りができるんじゃないかと思います。
であれば、主催者とは言えお立ち台目指して臨みたいところですが…
  
そうそう、カルティバカップだからと言って無理に「カルティバ製品」を使う必要はございませんよ!
そんな心の狭いカルティバ(オーナーばり)さんじゃあございません!
もちろん、カルティバ製品を使って下さればそれに越した事は無いですし、お立ち台でコメントする様な事があれば、高い評価を頂けるかもしれませんけどね…
なので「カルティバ製品を持って無いから参加出来ない…」なんて事は一切ございませんので、どうぞお気軽にご参加頂ければと思います。
だって、主催者である私が「フロッグメイン」なんですから(笑)
  
sign.jpg

  
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(0) | 日記

2013年07月01日

アメドリ受付開始!

  
皆さんお待ちかね、元祖「勝てばアメリカ!」トーナメント、KOTA'S AMERICAN DREAM 2013 のエントリー受付がつい先程開始されました!
  
 KAD2013.jpg

  
皆さんご存知の通り、この大会は誰でもご参加頂けるワンデートーナメントなんですが、実は、公平を期すためにエントリーの着順そのものがフライト順に直結しているんです!
なので当然の事ながら、早くエントリーした方が有利!
どうしようか迷っていらっしゃる方は別として、もう既に参加を心に決めているという方は、是非ともお早めのエントリーをお願い致します!
  
何を隠そう、大会本部と言う事で皆様からのメール受付させて頂いているのはこの私…
こうしてお手伝いさせて頂くのも、今年で三年目になりました。
大会に参加していたあの頃が懐かしい…なんて話しはさておき…
皆様からのメールを受付している中で、毎年困ってしまう事がございますので、この場にてあらためましてご連絡させて頂きます。
  
困ってしまう事…というのは、10組に1組位の割合で、こちらが送信した受付完了のメールがリターンしてしまうといった事。
これ、お察しの通り、携帯メールなどからエントリーして下さる方に多いのですが、迷惑メールの防止措置としてPCからのメールそのものをブロックする様な設定をされている事が主たる原因の様です。
知らず知らずに設定してしまっている方もいれば、設定そのものの内容をご理解していない方もいらっしゃる様で…
お手数ですが、携帯メールからエントリーの際は、必ずその辺を再度ご確認して頂ければ幸いです。
  
それから…
エントリーの受付及びメールの返信は、全て人力の手動にて行っております…
ですので、タイムリーに返信出来ない場合も多くございますので、その辺は何卒ご容赦頂きたくお願い致します。
ただ…
メール送信してから三日も返事が来ない…なんてケースは異常ですので、その際はお手数ですが再度ご連絡(メール送信)して下さいます様お願い致します。
  
ついでと言ってはなんですが、大会繋がりと言う事で!
連日お伝えさせて頂いております「7月15日亀山ダムにて開催のカルティバカップ」!
こちらの方も皆様のご参加をお待ちしております!
バスボートユーザーも皆様も、たまにはレンタルボートでのんびり釣りしてみませんか〜!
一緒に楽しい一日を過ごしましょう!
  
sign.jpg

  
posted by ITO-CHAN at 21:55| Comment(0) | ニュース

2013年06月29日

新色追加!?

  
以前こちらでご紹介させて頂いた KEITECH の新製品 "Salty Core Stick 5.5"ですが、現在販売されている8色に加え、更に2色の追加が検討されているみたい。
  
新規追加予定色
image_13724139470.jpg

  
現行8色
0001pJ.jpg

  
林さんのコラムVol,259に書かれている「じっくり魚にワームを見せる事が多く、よって魚も人もとりわけカラーには気を使う傾向にある…。定番と呼べる位置まで高めて行くためには、豊富なラインナップが必要だと私は考えています。」という文章を読んだ際、なんだか妙に納得してしまいました。
  
釣り場環境は何処も同じであるはずも無く、地域や季節はもちろんの事、水の色、透明度、ストラクチャー、ベイトフィッシュなどなど、フィールドによって表情は様々ですからね!
その場その時に適合するカラーを探求しセレクトする事は、釣り人にとって、最も楽しい時間かもしれませんもんね!
  
そういう部分において、この"Salty Core Stick"などに取り入れられている"コアショット"を用いる事で、そのカラーリングは正に無限…
今までに無いワームの表情を創り出す事ができるという訳です。
今後更に期待が持てそうですね〜!
  
色もそうですが、どちらかと言うと個人的に興味の高いのは"サイズ展開"ですかね!
もう既に"4.5"と"6.75"のプロトはある程度のところまで来ているみたいですし、先日、林さんとお話しさせて頂いた中でも「4.5はかなりキテます!」なんて言葉もあったので、なんだか凄く楽しみ!
  
image_13687762051.jpg

  
5.5でも十分に関東の釣り場で機能してくれると思いますが、やっぱり個人的には4.5ですかね!
きっと、5.5とは一味違う"ピコピコアクション"を見せてくれるんじゃないかと期待しています!
  
4.5、早く発売にならないかな…
  
posted by ITO-CHAN at 23:40| Comment(0) | ルアー・釣具

2013年06月28日

KOTA'S AMERICAN DREAM 2013

  
本人から作ってくれと頼まれた訳ではありませんが…
どうせなら…と言う事で作ってみました。
  
 KAD2013.jpg

  
毎年、裏方として参加させて頂いてます「アメリカンドリーム」ですが、今年は!いや、今年も裏方として参加させて頂きます。
  
ご存知の通り、この大会、エントリー申請(メール)の着順によってフライトの順番が決まるシステムを採用しています。
ですので、当然の事ながら早くエントリーした方が有利!
参加を希望される方は、是非ともお早めのエントリーをお勧め致します!
  
ただ…
エントリーの受付開始日時は、桐山選手のみぞ知るところ…
巷の噂では7月1日から…なんて囁かれていますが…
  
若いエントリーナンバーが欲しい方は、この数日、桐山選手のブログやface bookなど、常にチェックしておいた方がいいですよ〜!
フライングは厳禁と言う事で!
  
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(0) | ニュース

2013年06月27日

ima Dabeat !

  
先日ちょっと話題にした気になるフロッグが…
  
P1120138.jpg

  
ジャーン!発売前なのに、何故か手元にあったりまします!
  
もちろん、盗んだとか拾ったとか脅し取った訳ではありませんで、動画に組み込む静止画素材を撮影するために取り寄せて頂いたものなんです。
前々から気になっていただけに、仕事そっちのけでいじくり回しちゃいました〜(笑)
いや〜なんともお手頃なサイズで、亀山バス君達にはちょうど良い感じですね!
  
ボディー形状とフック位置からして「フッキングするのかな…」なんて少し疑問を抱いていたのですが、実際に触ってみたところ、背面よりも左右側面がかなり凹んでくれる感じですね!
なかなか見た目では分かりませんが、フックサイズの割にはかなりのスペースがありますよ!
  
ルアーというか、フロッグに関しては特にですけど、やっぱり画像や文章だけじゃ無く、こうして実際に触ってみなければ分からないところがたくさんあるもんですよね!
収録してもらった動画素材も見ているところですが、とにかく良く首振りするしアピール強そうだし、メチャメチャいい感じ!
なんだかコイツは爆発的に売れそうな予感…
  
この"Dabeat"の発売日は7月10日らしいのですけど、この感じだと即日完売とかで手に入らない気がしますね…
このサンプル「あ〜返却しなくても良いですよ〜!是非、使ってみて下さい!」…なんてことになってくれないかな〜(笑)
  
posted by ITO-CHAN at 23:54| Comment(0) | 日記

2013年06月26日

今年もDNAさんが…!!!

  
既に告知をさせて頂いております、7月15日亀山ダムにて開催の「カルティバカップ」ですが、つい先程"DNA Optics"さんより、なんと今年もご協賛頂けるという嬉しいニュースが届きました!
  
e7236821388d7d1507beecc380842c18.jpg

  
数量や型などについてはまだ未定ですが、今年は順位に関係無く"じゃんけん大会"の目玉にしちゃおうと画策してます!
いやぁ今年も盛り上がりそうですね〜!
  
実のところ、まだ水面下ではありますが、DNAさんとは更に大会参加者の皆さんに喜んで頂けるであろう凄い企画を幾つか検討して頂いているところ!
これ、もし実現したら、ホント面白いんですけどね〜!
まあ、もう一押し、頑張ってみます!
  
DNA Optics ホームページ
カルティバカップ詳細(参加方法など)
  
posted by ITO-CHAN at 23:20| Comment(0) | ニュース

2013年06月25日

パジェロからコレに…

  
先日のネタの中で、永年お付き合いしてきた愛車パジェロを手放した事は書いたかと思いますが、そのアトガマに乗っているのがコレ。
  
70009002272012032700400.jpg

  
三菱のグランディス。もちろん中古です!
写真は、中古車情報サイトからパクってきた同形車種のものなので、現在乗っているものとは色とかエアロパーツなど細かい部分に違いはありますが、まあこんな感じの車です。
  
どうしてもこの車が欲しかった…と言う訳では無かったのですが、家族全員が乗れて、それでいてある程度の荷物が積めて、7ftクラスのロッドが収納できて、パジェロの下取り価格内で購入できるもの…
そんな条件で探した結果、これしか該当するものが無かった…という訳です。
もちろん、旧型デリカなども候補にしていたのですが、燃費も悪いし重量税も減らしたかったんで…
  
とは言え、パジェロに比べればかなり燃費も良いし、エアロパーツをはじめそこそこのオプションも付いていたし、見た目的にもそんなに古さを感じないし、なんだかんだ気に入って乗っています!
  
ただ問題は、ロッドが収まるかどうか…
もちろん、十分なスペースのある事は確認した上で購入したのですが、ロッドホルダーを装着してみたところ、天井そのものに緩やかなアールが施されてまして、ロッドティップ部が天井に押し付けられてしまうのではないかと…
  
そう、実はまだ、一度もロッドを積んでないのです…
ロッドホルダーは納車日に大汗かきながら取り付けたんですけどね。
釣りに行く予定が無いのも大きな要因ですが、頭上のクリアランスがパジェロと比較するとかなり少ないんでね、以前の様にそのまま車内に放置しておく事も出来なそうだし…
まあ何れにしても、ちゃんと確認だけはしておかないとですね!
近々に試してみよう!
  
それともう一つ、問題と言えば、車高の違い。
納車翌日に静岡で打ち合せがありまして、その帰りに富士五湖に撮影の下見で立ち寄ったのですが、湖畔に降りる際、車高が低いのとエアロパーツが付いてるのをすっかり忘れ、パジェロ気分で走り抜けようとしたところ、案の定ガリガリガリと…
この辺の事は、時間を掛けて慣れるしか無いのかもしれませんね。
  
と言う事で、3ヶ月ほど車の無い生活を過ごしていましたが、車種こそ変わってしまったものの、なんとか車は維持する事ができました!
その間、色々とお世話して下さった関東三菱の皆様、本当にありがとうございました!
次、お世話になる際は、ドーンとデリカの新車あたりを購入させて頂こうかと思います!
あくまでも、気持ち…の話しですけどね(笑)
  
posted by ITO-CHAN at 23:59| Comment(0) | 日記

2013年06月24日

富士山の世界遺産登録で…

  
22日、富士山が世界文化遺産への登録が決定した。
  
IMGP0437.jpg

  
距離が遠いと言う事で「山の一部とはみなせない」事を理由に、除外勧告されていた「三保の松原」も結果的に逆転登録された様で、この平和的な決着になんかちょっと嬉しくなりました。
これもきっと、地元の方々の並々ならぬ努力の賜物なんでしょうね!
  
余談ですが…
松原美穂さんと言う女優の方がいらっしゃるそうで、今回の「三保の松原・世界遺産登録」にあやかって「私のおかげで…」なんて書いたもんだから、ブログには非難のコメントがたくさん寄せられていましたね…
あえてリンクはしませんので、ご興味ある方は探してみて下さい。
  
さて、今回の世界遺産登録で問題視されているのが、登山客の多さ。
どうやらこの数年は登山ブームらしく、7月1日の山開きから8月末までの間に30万人もの登山客が訪れている状況だとか。
この状況で更に世界遺産登録ともなれば、更に登山客が増える結果に繋がる事も容易に想像できる。
この抑制のためにと、静岡・山梨両県では入山料(任意で1,000円)を試験徴収する事にしたらしい。
この入山料に効果があるのかどうかは分からないけど、世界遺産に登録された事で「有名な観光地」から「世界的な観光地」に大躍進した訳で、こうした規制や制限が今後もあれこれと展開されるんじゃないかと思われます。
  
こういった事から、釣り人としてどうしても気になるのが…、富士五湖といった水辺。
今回世界遺産に登録された「富士山」の中には、富士山だけが該当している訳ではなく、話題となった三保の松原の様に、その周辺の山道や神社・遺跡などの他、富士五湖も構成資産として名が連ねられている。
となれば、富士山同様、観光客が今後急増する事は必至な訳で、これに伴い、この先ボートの使用や釣り人に対する何等かの規制や制限が設けられたとしても何等不思議は無いでしょう。
観光客のために遊覧船の航行が始まったり、手漕ぎボートのレンタルなどがどんどん増えて行く様であれば、何等かの規制や制限も避けては通れない道なのかもしれません。
この先、どうなって行くんでしょうかね。
  
とは言え、ブラックバスに関して言えば、山梨県は河口湖・山中湖・西湖を除き「リリース禁止」なはず(多分…)。
その上、確か河口湖・西湖は「ワーム使用禁止」ですもんね(これも多分…)。
そういう面から考えると、ブラックバスというジャンルの場合、一部の人を除けばあまり大きな影響は無いのかもしれませんね…
  
これからは観光客も増える事だし、自由に釣りのできる世界随一の一大観光地になってくれれば言う事無いんですけどね〜!
  
posted by ITO-CHAN at 23:40| Comment(1) | 日記

2013年06月23日

気になる”カエル”

  
一目見た時から気になっているのがコレ!

6a0120a697eca1970b0192aa6b593d970d-800wi.jpg


ima の"Dabeat"!(左ページ)

「コンパクト&ハイアピール」っていうキャッチにも惹かれるが、なんと言っても、未だかつて無いこのカタチに完全に心を掴まれてしまいました!
動きも気になるところだけど、早く手に取ってフニフニしたい…そんな気分!

カラーラインナップを見ても、真っ先に目に留まる鮮やかなブルー(キングフィッシャー)をはじめ、グリーン(アルカリグリーン)とかパープル(パープルヘイズ)なんてのには、なんか新食感的な新鮮味を感じちゃいます!

メーカーサイトに動画がありましたので、気になる方はご覧下さい!
ちなみに、発売は7月10日だそうです!


  
  
posted by ITO-CHAN at 23:10| Comment(1) | ルアー・釣具